コースターからマットまで!ダイソーの珪藻土グッズ全部見せます!

購入したダイソー珪藻土グッズ
(食事中)このコースターもだいぶ古くなってきたね・・・
だいすけ
そういやこの前ダイソーに行ったら珪藻土のコースター売ってたよ。
だいすけ妻
珪藻土って水を吸うかもしれないけど、机は濡れないのかな?
だいすけ
一度試してみよっか、100円だしね。

そんなわけでまたまたダイソーへ出かけてみました。

今回のテーマは「珪藻土グッズ」。

お目当てはコースターだったんですけど、見て回ると色んな珪藻土グッズがあるんですね!

ここでは、ダイソーに売ってる珪藻土グッズを全部取り上げてみたので、参考にどうぞ!

だいすけ
コースターの吸水テストもしてみましたよ。
ここで紹介したグッズは記事作成時点のものです。

そもそも珪藻土ってどんなもの?

珪藻土ってどんなもの?

珪藻土(けいそうど)は珪藻(けいそう)っていう藻(も)の一種が堆積してできた土のこと。

土といっても珪藻が化石になって積み重なってできたものなのでそんなに柔らかいものではありません。

一般に珪藻土には次のような特徴があるとされます。

  • 湿度を調整する効果
  • 吸水効果
  • 脱臭・消臭効果
  • 耐熱効果

珪藻土を使った商品はこれらの効果を期待して作られていると言えますね。

だいすけ
珪藻土を使った商品はお値段も高くなりがちですけど、税抜100円で買えるなら魅力的ですよね!

 

それでは、実際に私たちがダイソーで調べた珪藻土グッズを順番に紹介していきますよ!

ダイソーで売ってる珪藻土グッズを全部紹介します!

今回私たちがダイソー数店舗をまわって発見した珪藻土グッズは次の7種類でした。

  1. コースター
  2. 水切りマット
  3. インソール
  4. スティック
  5. シューズドライ
  6. 炭入り卵
  7. スプーン

順番に見ていきましょう!

1.コースター

珪藻土グッズと聞いて真っ先に思いつくのはこれじゃないでしょうか?

ダイソーに売ってたコースターは、税抜100円のものと150円のものの2種類。

まずは100円商品から。こちらは正方形タイプ。

ダイソー珪藻土グッズ(コースター白四角)

なんとこちらは熊さんタイプ。色は先程の白とこの灰色の2種類でしたね。

ダイソー珪藻土グッズ(コースター灰くま)

こんな六角タイプも。

ダイソー珪藻土グッズ(コースター白六角)

これは税抜150円の商品。

ダイソー珪藻土グッズ(コースター150円)

100円のものと違って丸く溝が彫ってありますが、これが何を意味するのかは不明・・・(ただの模様?)

材質も違うのかな?と思って裏面を見てみると、

  • 100円コースター:珪藻土のみ
  • 150円コースター:珪藻土、食物繊維、水酸化カルシウム

とのことでした。

調べてみると、珪藻土に食物繊維を混ぜると軽くなるそうな

ただ、いずれの商品にも重さに関する説明書きは無かったですけどね^^;

だいすけ
今回私たちは100円の方のコースターを買ってみました!吸水テストの結果は後ほど紹介します!

2.水切りマット

これ、人気みたいですね!

私たちが発見したのは税抜300円の水切りマット。

ダイソー珪藻土グッズ(水切りマット)

サイズは30センチ×20センチと個人的な感覚だとちょっと小さいかな?って感じました。

ツイッターでは実際に使ってる人のつぶやきがありましたよ。

だいすけ
鍋やフライパンなどちょっと大きいものの水切りに使うなら物足りないかも!?

もっと大きいサイズはないのかな?と思って帰宅後調べてみると、やっぱりあるんですね!もう1サイズ上の商品が。

こんなつぶやきを発見!

ダイソーにしてはお高い税抜500円の商品ですけど、かなり人気の様子。

実際に使ってる人の画像もありました。

今回私たちはダイソー数店舗をまわったんですけど、このバスマットは発見できず・・・。

やっぱり人気の商品なんでしょうね。

もしやと思ってメルカリを調べてみるとこんな状態!

ダイソー珪藻土マットメルカリの状況
だいすけ

500円の商品を600円ちょっとで売ってる・・・。

しかも、結構売れてる・・・。

まあ、人気がある商品なのは間違いないですね。

3.インソール

ちょっと変わり種かな?

珪藻土が配合されているインソール(靴の中敷き)です。

ダイソー珪藻土グッズ(インソール)

珪藻土でインソールって「硬くて使えないんじゃないの?」って思いません?

私はそう考えてたんですけど、実際に触ってみると珪藻土が入ってるってほとんど分からないくらい、普通の触感。

裏面に書いてある材質を確認するとこんな感じでした。

ダイソー珪藻土インソール説明書き

このラテックスが柔らか触感を生むんでしょうか。

パッケージには「吸水速乾」ってありますけど、珪藻土だけを使った商品じゃないので、どの程度の吸水性があるのかは謎ですね。

ツイッターでは、調湿・吸水よりも履き心地を評価してる人がいましたよ。

4.スティック

こちらは珪藻土と石膏を材質にした棒状の商品。

ダイソー珪藻土グッズ(珪藻土スティック)

パッケージには「吸水」とか「調湿」とかそんな説明は一切ありません。

お米のなかにスティックを挿れているイメージ図からすると、湿度調整・防臭あたりが期待される効果なんでしょうか。

少なくともこれが置いてたお店側からすると期待する役割はシリカゲル代わりのもののようでしたよ。

というのも、こんな陳列をしていたんです。

ダイソー珪藻土グッズ(スティックは乾燥剤としての扱い?)
だいすけ
乾燥剤と同じところに売られてますね

でも、珪藻土って本当にシリカゲルのような乾燥剤としての効果もあるんでしょうか?

この辺については検証結果を別記事にまとめますね!

5.シューズドライ

ダイソー珪藻土グッズ(靴の吸水グッズ)

これはパッケージにある説明の通り、靴の中に入れて湿気を吸収してくれることを期待する商品のようですね。

やはり、珪藻土には乾燥剤としての効果というか、調湿作用が期待されるということでしょうか。

ツイッターでは、形がネコ型って点がウケてましたよ^^;

 

6.炭入り卵

ダイソー珪藻土グッズ(炭入り卵)

これも期待する効果が今ひとつ良くわからない商品^^;

他の珪藻土グッズと違って「炭入り」なので、防臭・消臭も作用として期待されるのかもしれません。

ツイッターではこんな声も。

だいすけ
消臭効果はある様子です。その形から冷蔵庫に入れる人が多いのかもしれませんね。

7.スプーン

これは私たちが行った店舗では発見できなかったんですが、ツイッターを調べてたら見つけた代物。

結構人気のようですが、なかにはこんな悲しいつぶやきも・・・。

だいすけ
まあ、100均商品なので過度に期待しちゃ駄目ってことでしょうか。

 

と、ここまでダイソーに売ってる珪藻土グッズをいろいろ見てきましたが、今回私たちが購入したのは定番の100円コースターとスティック。

次ではそのコースターを使って実際に吸水テストをしてみましたよ!

ダイソーで買った珪藻土コースターの吸水能力はホンモノか?

別に珪藻土を使ってること自体を疑っているわけじゃありませんが、やっぱりそこは税抜100円の商品。

  • 本当に吸水するのか?
  • 吸水した後、下の机は濡れないのか?

なんてことが気になりませんか?

というわけで、ここでは実際に水をコースターにこぼしてみて実験しました。

その実験結果がこちら!

ダイソー珪藻土コースター給水テスト

うん、私が持ってる珪藻土のイメージにぴったり^^

この通り、吸水後裏返してみても裏面はサラッサラで、机も全く濡れませんでした。

だいすけ
100均の商品だから大丈夫かな?って思ったけど、問題なさそうですね!

 

さいごに

ダイソーに売ってる珪藻土グッズの数々、参考になったでしょうか?

実験結果からも分かる通り、税抜100円の商品でもその吸水力はかなりのものですね!

ただ、記事中にも書きましたが珪藻土って、その期待される役割が結構曖昧な素材なのかな?って感じます。

吸水・除湿(調湿)・消臭(防臭)などなど。

本当に湿度を調整できるのかな?なんてのも今後調べてみようと思います。

だいすけ
結果はまた報告しますね!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です