【正直持ち帰りたくない!】キャンプで出るゴミ対策完全マニュアル

キャンプ場でのゴミ対策

楽しいキャンプで憂鬱なこと

それはゴミの処理

  • 正直ゴミを積んで帰りたくない!
  • 生ゴミが車のなかにこぼれたら・・・
  • 焚き火の燃えカスを車に積むのはちょっと怖い
  • キャンプ場で焚き火の時にゴミも燃やしてしまって良いの?

気になることも多いですよね?

そんなわけで、キャンプ歴約20年の管理人がキャンプ場で出るゴミの基本的な対策や持ち帰るときのポイント、ゴミを減らす工夫やゴミの焼却についても説明していきますよ!

だいすけ

キャンプ場での2大トラブルと言えば騒音ゴミ問題!大好きなキャンプだからこそ周りに迷惑をかけないようにゴミ対策は大切ですね!

私が考えるキャンプで出るゴミ対策の基本

キャンプごみ処理の基本とは?

結論から言うと、

ゴミを処分してくれるキャンプ場を選ぶ

これが一番の対策です。

だいすけ
何当たり前のこと言ってんの?ってキレそうなアナタ、最後まで話を聞いて!

賛否両論あると思いますが、個人的にはキャンプ場は事業として利用料金を取ってるのだから、その事業で出るゴミはキャンプ場で処分して欲しいと思ってます。

ただ、キャンプ場サイドも言い分はあって、

  • ゴミの分別もしない
  • 指定した以外の袋で捨てる
  • ガス缶を穴も開けずに捨てる(しかもガスが残ってる)
  • 要らなくなったキャンプ用品もどさくさに紛れて捨てる
  • そもそもゴミ捨て場じゃないところにゴミを捨てる

こんな状態が続けばゴミ処理について再検討したくもなりますよね?

下の動画は人気キャンプ場で実際にゴミ拾いをした人の様子です。


だいすけ

4分30秒くらいからかなり悪質なキャンパーの実態が出てます。
これじゃあ、キャンプ場スタッフも「ゴミは全部持って帰ってください」って言いたくなりますよね。
タバコのポイ捨てもそうですけど、自分で自分たちの立場を悪くしている好例でしょう。

権利ばっかり主張しても始まりません。

ゴミは処分してくれるキャンプ場を選ぶ、そしてゴミの処理方法はそのキャンプ場のルールにちゃんと従う

1人1人がキッチリこれを守れば、例え条件付きだとしてもゴミを処分してくれるところが増えるのでは?と個人的には思うんですよね。

ゴミ処理の内容はキャンプ場によってもさまざま

ゴミ処理をしてくれるキャンプ場でもその内容はさまざま

  • ゴミ処理料金はサイト利用料金に含まれるところ
  • ゴミ処理料金を別途支払うところ
  • 生ゴミと灰は無料で処分してくれるところ

などがありますね。

生ゴミと灰を処理してくれるだけでも随分助かるので私は最低限そんなキャンプ場を選んでます。

ただ、あまり利用料の安いキャンプ場に多くを求めてはいけませんよ^^;

感覚的には5,000円以上取るキャンプ場なら何らかのゴミ処理はして欲しいなぁって思いますね。

だいすけ
無料や格安のキャンプ場でゴミの持ち帰りは当たり前だと考えましょう!

 

とは言うものの、希望しているキャンプ場が希望する内容でゴミを処分してくれるとは限りません。

そこで、次では「どうしてもゴミを持ち帰らないといけないとき」に気をつけたいポイントについて解説していきます。

ゴミを持ち帰らないといけない場合に気をつけたいポイント6つ

どうしてもゴミを持ち帰らないといけないなら

具体的に私が気にしているのは次の6つですね。

  1. 予めゴミを積むスペースを確保しておく
  2. ゴミ袋を外に出しておかない
  3. メニューに気をつける
  4. 缶やトレイは水でゆすぐ
  5. クーラーボックスはなるべく空にしておく
  6. 使った炭を持って帰るならしっかり水につけておく

順番に見ていきましょう!

1.予めゴミを積むスペースを確保しておく

当たり前ですけど、キャンプ場に出発する段階ではゴミは無いわけです。

なので、始めから車の中がキャンプ道具でパンパンだと、帰りにゴミを積むスペースが無いんですよね。

だいすけ
膝の上にゴミ袋だけは勘弁して欲しいですよね・・・

キャンプ道具を車に積み込むときにはその辺を考えておきましょう。

2.ゴミ袋を外に出しておかない

場所にも寄りますけど、夜のキャンプ場なんて野生動物や野良猫のパラダイスだったりします^^;

残飯の入ったゴミ袋を外に出したまま寝ると翌朝どうなっているか・・・

想像すればお分かりいただけるのではないでしょうか?

昼間でも虫の問題もあります。

だいすけ
先日行ったキャンプでは半日外にゴミ袋出しておいたらアリだらけでゾッとしました・・・

しっかり蓋のできるゴミ箱を用意する、密封して車に入れておく、などの対策は必要ですよ。

3.メニューに気をつける

せっかくのキャンプ。

BBQを豪快に楽しみたい気持ちは分かります!

・・・でも、生ゴミ持ち帰りのキャンプ場なら、エビやカニには要注意!

そう、カラの匂いが強いんです^^;

焼肉のタレなんかもそう。

もちろん密封して持ち帰ることになりますが、メニューを考える段階であまり匂いの強いものは避けるって手もあります。

だいすけ

ツイッターでも同じことを考えている人を発見しました。

4.缶やトレイは水でゆすぐ

ビールの缶なんか特にそうですけど、虫やナメクジの大好物!

ゆすがずに置いておくとこれらの虫が寄ってきやすいし、持って帰るときの匂いもキツイです。

飲み干したら水でさっとゆすぐ。

これだけでも随分違いますよ。

だいすけ

そんなときウォータージャグが1つあると便利ですね。

おすすめは折り畳めるタイプ。うちはこんなヤツを使ってます。

5.クーラーボックスはなるべく空にしておく

帰るときのクーラーボックスはジップロックに入れた生ゴミを入れたり、空き缶を入れたり、ゴミ以外でも雨のあとのタープを入れたりできます。

だいすけ

キャンプの雨対策はこちら。「キャンプで雨」って結構あるのでこの辺の知識は是非とも仕入れておきましょう!

【キャンプ歴20年直伝】雨対策のポイントは?必需品は実はこれ!

2018年2月22日

濡れてるものなんかを仕舞いたいとき重宝するんですよね(特にハードクーラーボックス)

逆に言うと、帰るときにはクーラーボックスのなかが空に近い状態になるように計画的に食料を使っていきたいところです。

そういう意味では、じゃがいもや玉ねぎ、缶詰めなど常温保管で良いもの、パスタなどの乾燥物などをメニューに組み込むとクーラーボックスのスペースを圧迫しなくて済みますよ。

6.使った炭を持って帰るならしっかり水につけておく

炭って翌日には消えてるようで、実はまだまだ燻ってたりします。

多少水をかけたくらいでは中まで消火できてないので、そんな状態で車に積むと発火の恐れが・・・

水を使うならバケツなどに水を張ってそこに暫く浸けておくくらいの対策は必要です。

あとは、火消し壺を使うと良いのですが、正直これはウチも持っていません。

(というか、灰の処理くらいはやってくれるキャンプ場しか行かないって話ですけど)

火消し壺の代わりにせんべいの空き缶などを使う方法もあるので参考にどうぞ。

 

では次に、「そもそもゴミを減らすためにはどうすれば良いのか?」というお話ですね。

「生ゴミ・灰以外は持ち帰り」のキャンプ場を利用するときに我が家が意識していることも含めて紹介していきます。

キャンプでゴミを減らす5つの工夫

キャンプでゴミを減らす工夫とは?

具体的には次の5つです。

  1. 食材はカットして下味を付けて密封容器に入れて持って行く
  2. パッケージに包まれたものは必要な量のみ持って行く
  3. 紙皿や割り箸は使用しない
  4. 生鮮食品ばかりでメニューを構成しない
  5. ゴミを減らしたいなら缶のお酒ではなく瓶のお酒

これも順番に見ていきましょう。

1.食材はカットして下味を付けて密封容器に入れて持って行く

2~3泊以上のキャンプだと現地で食材を調達することも多いので、この方法は現実的じゃないかもしれません。

でも、1泊目くらいなら晩ごはんの材料を予め買っておいて下処理をしてジップロックに入れ、当日は焼くだけの状態にしておくって手もあります。

当然生ゴミも出ないし、現地でもかなり時短になりますよね!

人数によっては量が読みにくいときがありますが、メリットも大きい定番の方法でしょう。

だいすけ
この方はバッチリ下ごしらえが出来てますね。
ここまで準備すれば、本当にあとは焼くだけ♪

2.パッケージに包まれたものは必要な量のみ持って行く

個包装は使う分だけジップロックに入れる

紅茶やドリップコーヒーなど、個包装になってるものは外箱から取り出して必要な分だけを用意しましょう。

そうすれば嵩も減るし、外箱を持っていかないのでその分ゴミは減るってスンポウです。

3.紙皿や割り箸は使用しない

これも定番ですね。

まあ、この辺のものは焚き火のときに一緒に燃やすって手もありますが。

できるなら食器(陶器などワレモノはダメ)を用意するとゴミは出ません。

ただ、良くホームセンターなどで売ってるキャンプ用のプラスチック製食器セット、できるなら止めた方が良いですよ。

何故って軽いから結構風に弱いんですよね。

だいすけ
我が家は以前突風に朝食のほとんどを飛ばされたことがあります・・・

ステンレスやホーロー、木製など、ある程度の重さのある食器がオススメです!

木製のお皿

 

 

4.生鮮食品ばかりでメニューを構成しない

生ゴミ持ち帰りのキャンプ場なら特にここは意識したいところ。

肉や魚は置いておくこともできないし、買った分だけ調理することになりますよね?

食べ切れれば問題ないんですけど、何故かキャンプって多めに買ってしまうんですよ・・・。

だいすけ

我が家も食料の量の調整は良く失敗しました・・・

最近は「なるべく空腹のときに買い出しに行かない」ように気をつけています(笑)

当然翌朝でも食べきれなかった分は生ゴミになるわけです。

おすすめは、先にも書いたじゃがいもや玉ねぎ、缶詰めなど常温保管で良いもの

これらは使わなければ持って帰るだけなので、これで量を調節していきましょう。

だいすけ

キャンプでのメニューの工夫はこちらに詳しく書きました!

連泊のキャンプイメージ

2泊3日のキャンプ徹底解説!持ち物から献立まで全部見せます!

2019年9月27日

5.ゴミを減らしたいなら缶のお酒ではなく瓶のお酒

誤解のないように言っておきますが、ビールは大切ですよ?(笑)

でも、空き缶持ち帰りのキャンプ場ならビールの量は最小限にして、早めにウイスキーや焼酎に切り替えることでゴミの量は減らせます。

だいすけ
ワインは1晩で1本くらい空く(我が家の場合)のであまりゴミを減らすことに繋がりませんが・・・

そんなときのおすすめはウイスキーをトワイスアップ(常温の水で割る)で飲む方法!

焚き火にピッタリの飲み方で、しかも常温の水で良いので氷も要らないので是非お試しあれ!

 

極力ゴミは減らす工夫はした。

とは言っても、やっぱり限界がありますよね?

残る手段は焚き火のときに一緒にゴミを燃やすって方法。

最後にその辺について書いておきましょう。

キャンプ場でゴミを燃やしても良いのか?

焚き火でゴミを燃やす

結論から言うと、よく乾かした可燃物なら燃やせます。(もちろんキャンプ場のルールで何も制限が無い場合ですよ?

ただ、ビニールやトレイ、プラスチック製のもの(ペットボトル含む)は絶対に燃やさないでください!

だいすけ
異臭と黒煙で周りのキャンパーからクレームを受けること間違いなし!あと焚き火台もきっとダメージを受けると思います。

生ゴミは水分がとても多いのでそのまま燃やそうとしても上手く燃えません。(モノを完全に燃やすって想像以上に難しいですよ)

どうしても、焚き火で生ゴミを処分するなら事前にしっかり乾燥させて水分をしっかり飛ばしておきましょう。

だいすけ
ちなみに焚き火の近くに置いたものは乾燥しやすいもの。生乾きの薪なんかはこうやって水分を飛ばすことが多いですね。でも、焚き火の近くに生ゴミがある状況って・・・イヤですね(笑)

と、ここまで書きましたが個人的には焚き火でゴミを燃やそうとは思いません。

私は焼却炉が欲しいわけじゃなくて、焚き火を楽しみたいので。

この辺は賛否両論分かれるところかもしれませんね。

だいすけ

同じようなことを考えている人は他にもいるもんです。
私の場合美学とまでは言えませんが、焚き火は純粋に焚き火として楽しみたいって思います。

 

さいごに

キャンプでのゴミ対策、参考になったでしょうか?

ゴミ処理の問題は根深く、ごみ処理のルールをキチンと守らない人が増えれば、キャンプ場としても「ゴミは持ち帰ってください」って流れになりやすいと思うんですよね。

まさに自分で自分の首を締めてる状態・・・

だいすけ

この方も私と同じような危機感を感じておられますね。

  • 施設利用料を払ってるんだからそこで出るゴミは処理して欲しいし、そういうキャンプ場を選びたい
  • その代わり、キャンプ場に提示されたゴミ処理のルールはしっかり守る

こんなところが大事なんだと考えてます。

1人1人の行動がより良いキャンプ環境作りにつながりますように!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です