【初心者必見】キャンプ場の夜のトイレ対策5つのポイント!

キャンプ場の夜トイレ対策
ご近所さん
家族でキャンプ行くことになったけど、夜のトイレが心配…

はじめてのキャンプ、気になることはたくさんありますよね?

そんななかでも特に気になるのは夜のトイレ問題じゃないでしょうか。

  • ただでさえ虫が苦手…
  • 汚いトイレは生理的に無理!
  • 子どももトイレに起きるだろうし…
  • そもそもキャンプ場のトイレってどんな感じ?

不安はつきませんよね?

そんなわけで、ここではキャンプ歴20年の管理人だいすけが、キャンプ場で夜トイレの不安を軽減させるポイントやそもそものキャンプ場のトイレの特徴などを書いていきますよ!

だいすけ
キャンプ場での夜の過ごし方についてはこちらもどうぞ。

キャンプ場での夜の過ごし方!大人も子どもも楽しむ方法とは?

2018年4月18日

キャンプ場での夜のトイレの不安を減らすためのポイント5つ

私が大事だと思うポイントは次の5つです。

順番に説明していきますよ!

1.勝負はキャンプ場の予約段階から

予約

アナタがまだキャンプ場を予約していない段階なら、まずトイレがキレイなキャンプ場を選びましょう!

え?どうやってそういうキャンプ場を探すかって?

まずキャンプ場のホームページを開いてみて「施設案内」のページを開いてみてください。

そこには「管理棟」や「炊事場」そして「トイレ」の情報が写真付きで載っているかもしれませんよ!?

これは経験則ですがトイレの状態(外観、便座付近)を写真付きでホームページに載せているキャンプ場に大外れはありません。

逆に、「そもそも施設案内のページがない」とか「トイレ情報がない」キャンプ場は避けた方が無難。

だいすけ
もちろん例外はありますが、炊事場やトイレの清掃に力を入れていない可能性があるのです…。

2.トイレとの距離感、ルートを考える

キャンプ場のトイレ

夜にトイレに行くことを考えるとやはり設営するサイトがトイレに近い方が安心なのは間違いないですよね。

ただ、かといってあまりにトイレに近いと当然ですけど匂いの問題もあります。

あと、他のサイトとトイレのルート上に自分のサイトがある場合、毎回人が通って鬱陶しいことに…。

だいすけ
ただでさえいつもと違う環境なので夜トイレに人が前を通ると余計寝にくいかも!?

理想を言えば

  • トイレから近すぎず、遠すぎず
  • 自分のサイトが他のサイトとトイレのルート上に無いこと

こんなところ。

もちろん、トイレが近いことで『人もたくさん通るし灯りもあるから安心!』ならなるべく近くを探しましょう。

だいすけ
区画が決まっているキャンプ場でも事前に希望を伝えればある程度融通してくれる場合もありますよ。

3.トイレのスイッチは昼間のうちに確認すべし

トイレのスイッチ

夜は電気が消えてたりします。キャンプ場のトイレって。

電気つけてると虫が寄ってきやすいのでその対策もあるのでしょう。

(もちろん、夜中トイレの電気をつけてるところもあります。チェックインしたときに管理人に確認しておくと確実ですね。)

夜間は電気を消すキャンプ場の場合、昼間のうちにスイッチの位置は要チェックです!

だいすけ

夜にトイレ&炊事場にいったけどスイッチの場所が分からずウロウロ…(実体験)

こんな私の失敗談の二の舞にならないよう気をつけてくださいね!

4.夜にトイレへ向かう準備はできているか

トイレに向かうときの灯り

なんか大仰な見出しになってしまいました^^;

いやね、言いたいのは灯りやトイレットペーパーなど所定の場所に事前に用意しておきましょう、ってこと。

トイレットペーパーって備え付けじゃないの?

って思うかもしれませんね。

これはキャンプ場によって違うんですけど、なかにはトイレットペーパーは持参してくださいってところも実際あります。

そんなキャンプ場で紙を忘れたら大惨事^^;これも事前に確認しておきましょう!

あと、夜行きたくなったときにテント内で灯りやトイレットペーパーを探さないで良いように、予め仕舞う場所を決めておきましょう。

灯りはなんでも良いですけど、ヘッドライトやLEDランタンなどをできるなら1人1つ用意しておけると便利だったりします。

5.あるだけで精神的に違うトイレグッズ

と、ここまで準備をしてきても、やっぱり虫や暗闇の問題で夜間にトイレへ行くのに抵抗感が強いってことはあるでしょう。

そんな場合は最終手段

そう、簡易トイレで済ませてしまうってことです。

まあ、実際使うかどうかは別にしていくつか用意しておくと精神的な余裕にはなるみたいですね(ソースはうちの奥さん)

ヘッドライトもそうですけど、大規模な震災がいつ起こるか分からないって言われるので簡易トイレも用意しておいて損はないのかもしれません。

 

と、ここまで夜のキャンプ場トイレ対策を挙げました。

でもまずその前に、そもそもキャンプ場のトイレってどんな感じなの?って思うかもしれませんね。

基本的なところですがあまり書いているところも少ないのでざっと紹介しておきます。

そもそもキャンプ場のトイレってどんな感じ?

キャンプ場のトイレの特徴、3つ挙げました。

順番にみていきましょう!

1.夜は電気が消えているところも(虫対策)

夜の灯りに群がる虫

キャンプ場にもよりますが、夜間は電気を消しているところも結構あります。

そう、夜電気つけっぱなしだとどうしても虫が寄ってくるんですよね~。

なので、昼間のうちにスイッチの位置は確認すべきなんですが、逆に夜も電気つけっぱなしのところもあります。

そんな場合気をつけないといけないのは蛾の乱舞!

だいすけ
またキャンプ場にいる蛾って異様にデカイのとかいるんですよね…

虫が大丈夫な人は問題ないでしょうけど、そうじゃない人にとっては大問題^^;

対策ってほどではありませんが、基本的に蛾は人間にではなく灯りに向かうのでトイレの近くまで来たら手持ちの灯りを消しましょう。

だいすけ
キャンプ場に登場する虫やその対策はこちらをどうぞ!

キャンプ場で遭遇する虫の種類は?刺されたときの対処法は?

2018年3月5日

2.小銭の用意はいらない

小銭

「登山の経験はあるんだよね」って人からすると、アウトドアでトイレっていうと小銭が必要って思うかもしれませんね。

が、キャンプ場のトイレは小銭はいりません。

昼夜問わず何回使ってもキャンプ料金に含まれているのでご安心を(笑)

そして「キャンプ料金に含まれている」ということは、キャンプ料金が高いところほどトイレや炊事場がキレイな可能性が高いということ。

もちろん、キャンプ料金が安くてもトイレや炊事場がキレイなところもありますけど、これは傾向として考えておいても良いでしょう。

だいすけ
まあ、この辺はキャンプ場によって差があるところなので、先にも書きましたがホームページの施設紹介などで確認するのが一番ですね。

3.トイレットペーパーは備え付けが無いところも

トイレットペーパー

ホームページに書いてるところもありますが、キャンプ場によってはトイレットペーパーが無いところも…。

もちろん備え付けてあるところも多いですけど「あるのが当たり前」とは思わない方が良いですよ。

トイレットペーパーはキッチンペーパー代わりにもなりますし取り敢えず用意しておくのも手ですね。

だいすけ
オシャレなトイレットペーパーホルダーもいろいろあるので余裕があればお気に入りのを探してみては?

 

さいごに

キャンプ場での夜のトイレ対策、OKですか?

キャンプって普段体感できないことがいろいろあるので「トイレがNG」って理由でキャンプ嫌いにならないで欲しいなぁ

ってのが私の願いです…。

最近はキレイなトイレのキャンプ場が増えているので是非ホームページをいろいろ見比べてみてください。

「なんか思ってたより大丈夫そう」ってところも結構あると思いますよ!

だいすけ
楽しいキャンプになりますように!

 

そもそもキャンプって何が楽しいの?って話はこちらにまとめました。

キャンプって何が楽しいの?我が家がキャンプを続ける6つの理由

2018年4月15日
だいすけ
子連れのキャンプで特に気をつけて欲しいことはこちらです!

子どもがいるなら特に注意!キャンプで起こる事故とその対策とは?

2018年4月13日

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です