「Natural High!」in道志の森キャンプ場!感想などを正直に

Natural High!の雰囲気1

google口コミ総数523、評価4.3点のキャンプ場

そう、山梨と神奈川の県境付近にある道志の森キャンプ場です!

一部には「キャンプの聖地」みたいな書き方をしているところもあり、前から気にはなってたんですよね。

今回、「Natural High!」というアースガーデンが主催するフェスがそこで行われるってことで妻と参戦してきました!

そんな道志の森キャンプ場やNatural High!の様子や感想などをお伝えしていきますよ!

 

道志の森キャンプ場の魅力ってどんなところ?

まずはこのキャンプ場の紹介から

結論から言うと、私も今までいくつかのキャンプ場に行きましたがベストスリーに入るキャンプ場です!

改めて自分でも「何がそんなに良かったのかなぁ」と思い起こしたのですが、ポイントの高い順に6つの魅力を書いてみましたよ。

1.ロケーションが最高に気持ち良い!

道志の森キャンプ場風景2 道志の森キャンプ場渓流

やっぱりこれが一番かな!?

めちゃくちゃキレイな渓流とその流れる音、適度な間隔で生えている広葉樹、朝も夜も普段聞けないような鳥やカエルたちの声。

これぞキャンプ!って雰囲気満点でした(笑)

私達が訪れた日は「北海道で5月としては最高の39度超え!」なんてニュースがあった日なのですが、やっぱり木陰は偉大ですね。

程よい間隔で植わっている広葉樹の木陰で椅子に座れば全然快適。

近くに聞こえる渓流の流れる音も合わさって涼しさ倍増でした。(逆に秋冬は寒いかな)

だいすけ
残念ながらハンモックを持ってなかったのですが、これ適当なところで張れば言うことなしでしょうね。

渓流沿いの場所はやっぱり人気で、基本的にそこから埋まっていくことが多いかと思います。

2.フリーサイトなので区画感が薄い、そしてキャンプ場自体が広い!

これも重要なポイント!

道志の森キャンプ場と同じく私のなかでベストスリーに入るところに平湯キャンプ場があるのですが、共通点の1つは「フリーサイト」ってこと。

つまり、区画が決まっていなく「どこにどれだけの範囲で設営しても良い」ってこと。

まあ、もちろん常識の範囲内でってことになるので譲り合いの精神は基本ですけどね。

キャンプ場の区画は最低でも10m×10mくらい必要だと思うのですが、区画サイトはやっぱり「団地」みたいな感じでちょっと苦手なんですよね。

だいすけ
キャンプ場に来てまで分譲地みたいな…。

その点、こういうフリーサイトは気にしなくてもOK!なので

  • やっぱり渓流の音が近くに聞こえるところがいいな
  • あの木とこの木はタープを張るのに使えるぞ
  • 昼間木陰になるところにリビンクスペースを配置して
  • 焚き火台はテントからちょっと離れたところに置くか

そんなこんなを考えながら場所選びをするのがかなり楽しい!

そのどれもが気持ち良いロケーションなのでテンションも上がるってもんです(笑)

3.料金が安い!

オートサイトで車横付けOKなのに一人一泊700円、車一台1,000円!

我が家は2人なので2泊で4,800円!

4人家族だとしても1泊3,800円ですからね。

このロケーションで、フリーサイトで、トイレも炊事場もキレイで、都内からも近くてこの料金ですからそりゃあ人気あるわけです。

4.炊事場・トイレは結構キレイ!

道志の森キャンプ場トイレ 道志の森キャンプ場炊事場

これも良いキャンプ場の必須条件みたいなもんですね。

特に奥様があまりキャンプに乗り気でないならここは最低限チェックしないといけないところ。

写真を見てもらえば分かるかと思うのですが、炊事場も結構清潔感はあります。(ただしお湯は出ない)

トイレもかなりキレイな方でしょう。

そしてこんなところにコンセントが、、、いやなんでも無いです(笑)

道志の森キャンプ場トイレ

5.予約というシステムが無い

「ふと思い立った時でも気兼ねなくお立ち寄り下さい。」ってのがこのキャンプ場の方針のようで人気のキャンプ場ですけど予約を受け付けていません。(バンガローは要予約)

つまり、当日早いもの勝ちってこと(汗)

この辺は賛否両論かもしれませんが個人的には早めに現地に到着すれば良いので問題ないかな!?

この際に重要なのはチェックインの時間!

一応ホームページにはチェックインが昼の12時になっていますが、特に繁忙期はそんな時間ではとっくに埋まってる可能性が。

私たちは今回チェックインしたのがイベント前日ということもあって朝10時くらいに現地へ到着。

それでも私たちより先に設営している人もいたくらいなので早すぎるってことはないかも。

ただ、「もうちょっと待てば狙ってるサイトが空きそう(チェックアウトしそう)」ってケースもあるのでこの辺はケース・バイ・ケースですね。

予定している日のチェックインが何時から可能かは、事前にキャンプ場へ問い合わせた方が良いと思います。(連絡先:080-4444-2440)

6.都内から近い

私たちは山梨方面からの移動だったのでそこまで思わなかったのですが、現地でたまたま近くのサイトに居た人に話を聞くと都内から近いことが魅力の1つだそうな。

八王子から1時間ちょっとっていう話なのでそれも納得。

大自然のなかにあるキャンプ場って感じなので買い物なんかは不便ですけど、行きたいときに予約なしで都内から1時間ちょっとで行けるところも魅力でしょうか。

番外.ビールの自販機はあるけどスーパードライのみ

道志の森キャンプ場自販機1

これはキャンプ場の魅力じゃないですね(笑)

ビールの自販機があること自体は嬉しいんですけど、銘柄が全部アサヒスーパードライ…。

あとは酎ハイの氷結レモンとグレープフルーツ。

せめて、キリン一番搾りとかサッポロ黒ラベルとか選べるようにして欲しかった…。

(スーパードライ派の人すみません^^;)

これだけあるのに、ねぇ。

自販機で言えば、ビールや酎ハイの他にお茶などのソフトドリンクはもちろん、セブンティーンアイスもありました!

道志の森キャンプ場自販機2 道志の森キャンプ場自販機3

行った日はかなり暑かったので、結構みんなアイス食べてましたよ。

 

と、ここまで道志の森キャンプ場の魅力などをお伝えしましたが、フェスはどんな感じだったのか?を書いていきますね!

「今年で一区切り」2019年度のNatural High!の様子は?

Natural High!の雰囲気1

2019年で14周年なんだそうですね、このフェスは。

で、「今年で一区切り」だそうです。

いろいろ理由はあるのでしょうけど、フェスを運営するための労力がかなり大きな問題になっているようでした。

ただ、フェスの主催者(らしき人)が言ってましたが、「何らかのかたちで開催はすると思います。また取り敢えず5月にここにみんな集まりましょう!」って言ってました(笑)

「なんじゃそりゃ!?」って感じですけど、この適度なユルさもこのフェスの魅力なんでしょうね。

出店は15~20くらいあったでしょうか。

クラフト体験あり、スパイスカレーあり、ハンモックマッサージあり、お坊さんのお悩み相談あり、鹿ソーセージあり、色んなお店がありましたよ!

Natural High!の雰囲気2 Natural High!の雰囲気4 Natural High!の雰囲気6

なかでも私が気に入ったのがスパイスカレー!

Natural High!の雰囲気8

ハートランドビールと一緒にいただきます!

Natural High!の雰囲気9

メイン会場は夕方からステージの前で結構大きな焚き火が行われるっていう謎仕様^^;

Natural High!の雰囲気11

そこそこ夜は冷えるので実は焚き火ありがたかったです(笑)

焚き火の向こうのステージで歌う人たち…。

Natural High!の雰囲気12

これもなかなか見られない光景でしょう!

 

フェスでは「参加型」ってキーワードが結構出てきてました。

実際に、ステージでの太鼓に合わせてみんなに配られるミニ太鼓を自分たちで叩く、など一緒になって楽しめる工夫があったんですよね。

Natural High!の雰囲気15

来年はこの「参加型」をもっと前面に出すかたちになるのでしょう。

(ステージの設置・運営も労力がかかるところみたいなので)

 

道志村の周りの施設はどんな感じ?

村のなかに30箇所ものキャンプ場があるっていう道志村。

ハッキリいってかなり山奥です^^;

この辺はロケーションとの裏返しですけど、買い物なんかは事前に済ませておいた方が無難。

ここでは、今回私たちが立ち寄った周辺スポットの情報も紹介しますね!

道の駅どうし

なにここ?バイクの聖地?

って思うくらいバイクが多かった(笑)

後から調べると山中湖など富士山方面へ向かう途中の休憩場所みたいになってるんですね。

車の数も多く山奥の道の駅なのにかなり賑わってましたよ。

どうもクレソンが売りらしく、それを練り込んだ麺や味噌などが売店に並んでおります。(クレソンってどんな味だったっけ?)

薪や氷、漬物、野菜、地ビールなんかも売ってるのでキャンプ場に行く前に買い足すくらいはできるかと。

だいすけ
個人的には漬物がかなり美味しそうでした!

道志の湯

国道から入って「まだ行くの?」って感じでズンズン奥に入っていくと出現する日帰り入浴施設。

私たちが行ったときがたまたまなのかもしれませんけど、駐車場に停まってるのは他府県ナンバーばっかり^^;

地元民はあまり利用しない観光客向けの施設なのかな?

ここは横浜市民割引がありますが、通常は大人700円。

で、お風呂は内風呂と露天風呂の2種類。

個人的には、

だいすけ
う~ん、これで700円か…

って感じでした^^;

いや、お湯はまあ良かったと思うんですけどね、同等の料金でもっと種類多く入れる施設も多いからね。

リピは無いかな?って感じがします。

山中湖平野温泉 石割の湯

石割りの湯

こちらは、山中湖方面にある日帰り入浴施設。

ここはホームページに10%割引クーポンあり。

なので、大人800円のところが730円ってことに。

こちらも決して安くはありませんが、内風呂も数種類、露天風呂も2種類、サウナもあり、と道志の湯よりは満足感がありましたね。

余談ですけど、露天風呂のヒノキ風呂はかなりヌルかった…(37度に設定されているそうな)

だいすけ
熱い湯が好きな人には向きませんが、小さなお子様連れなんかには良いんじゃないでしょうか?

 

さいごに

道志の森キャンプ場、冒頭にも書きましたがかなり好印象なキャンプ場でした!

私は一度行ったキャンプ場にあまり行くことが無いんですけど、ここはまた行ってみようかな・・・って考えてます。

フェスも何らかのかたちで2020年度もやるみたいなので、そのときにまた行くかもしれません。

道志の森キャンプ場を検討しているアナタ、ぜひ参考にしてみてください。

山中湖からの富士山
だいすけ
山中湖から眺める富士山は最高ですね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です