アナタの自動車保険が高い理由は?年間3万円に抑える方法とは?

ご近所さん

もー、なんで自動車保険ってこんなに高いの?

かといって、万が一のときに保険が無いと困るし・・・。

お宅は幾らくらい払ってるの?

 

自動車保険って、結構お金がかかりますよね?

もちろん、保険料だけが問題じゃないので、保障内容や口コミも含めて考えないといけませんが、出来ることなら保険料は安く抑えたい!ところ。

自動車保険料が高くなるには理由があるので、そこを見直すことで保険料の節約が出来てしまいます!

また、みんなが幾らくらい自動車保険料を払っているのか、気になりますよね?

 

そんなわけで、ここでは自動車保険料の平均値や自動車保険を見直す際のポイントなどを紹介していきます。

アナタは平均よりも高い金額を支払っているかもしれませんよ。

みんなはいくら払ってる?車種別の平均金額

まず、自動車保険料の平均値ってどれくらいなんでしょうか?

損害保険料算出機構というところが公開している損害保険料率統計集(平成26年度)という統計データを元に計算すると、以下のような結果になります。

車種 ナンバー 年間保険料
普通自動車 白色
3ナンバー
約78,000円
小型自動車 白色
5 or 7ナンバー
約60,000円
軽自動車 黄色
5 or 7ナンバー
約47,000円

自動車保険料は、年齢・等級・車種・年式・走行距離・事故歴・運転者限定などなどいろんな要因で変わってくるので、あくまでも平均値です。

それでも、一応の参考にはなると思います。

アナタの自動車保険料は、平均と比べてどうでしたか?

「平均値よりも結構高いな」と思ったアナタは、ひょっとしたら見直しの余地があるかもしれませんよ。

 

では、自動車保険料を抑えるには、どうすれば良いのでしょうか?

次は、アナタが契約している保険会社のお話です。

保険会社によっては、保険料がどうしても高くなってしまう理由があるのです。

 

代理店型保険会社の自動車保険料が高くなってしまう理由は

自動車保険料は、契約条件によってもちろん変わってきますが、代理店型か通販型(ダイレクト型)かによっても違ってきますね。

  • 代理店型
    ディーラーや保険代理店を通して加入するタイプ
  • 通販型(ダイレクト型)
    ウェブや電話で直接保険会社と連絡を取り加入するタイプ

通販型(ダイレクト型)は、ディーラーや保険代理店といった中間業者が存在しない分、保険料は安くなる傾向にあるのです。

主要な通販型(ダイレクト型)の会社は以下のとおり。

  • ソニー損保
  • セゾン(おとなの自動車保険)
  • イーデザイン損保
  • チューリッヒ
  • そんぽ24
  • 三井ダイレクト
  • アクサダイレクト
  • SBI損保
  • セコム損保

口コミでは、ソニー損保やおとなの自動車保険、SBI損保などが評判良いですね。

だいすけ

因みに、私は数年前に代理店型からおとなの自動車保険に変更しました。

普通自動車の3ナンバーですが、保険料は車両保険を付けて年間27,570円なのでとても気に入ってます!

 

ココは削れない!節約出来ない3つのポイント

自動車保険の見積もりって、その会社のホームページで行えますよね。

必要事項や契約条件を入力すると大体の金額が出て来るというヤツです。

でも、契約条件は結構細かくなっていて、「どれが必要で、どれがいらないのか?」が分かりにくいですよね。

では、契約条件を考える際に、気にするべき項目って何でしょうか?

まずは、保険料を抑えたくても削るべきで無い項目を3つ挙げます。

(対人賠償はどこでも「無制限」でしょうから、ここでは割愛します。)

1.対物賠償

事故を起こしたとき、その相手って選べませんよね?

  • アクセルとブレーキを間違えて店に突っ込んでしまった
  • 踏切内で事故を起こし自分は逃げられたが電車がクルマに衝突した

こんな場合の賠償額なんて考えただけでゾッとします(大汗)

自動車保険の意義は「万が一大きな賠償額が発生したときに備える」ことにあると思うので、こういった自分の手には負えない可能性のあるところはケチるべきではありません。

対物賠償額を少し下げたところで、保険料は数百円程度の差なので、ここは迷わず『無制限』を付けましょう!

2.人身傷害

これは、運転中事故にあった人の年齢・扶養家族の有無によって変わってきます。

もちろん、健康保険や生命保険からの保障もあるので、その分も加味して考えないと、ですね。

一般的には、3,000万円~5,000万円の範囲で選ばれることが多いです。

これも、3,000万円を5,000万円に変更したところで保険料は数百円程度の差なので、扶養家族が居るなら5,000万円以上を付けたいところです。

3.弁護士特約

事故が起きたときの示談交渉なんて、出来ればやりたくないですよね。

この特約を付けると、自分に一切非が無いもらい事故でも弁護士さんが自分の代わりに相手方とやり取りをしてくれます。

「交渉には自信がある!」なら別ですが、是非ともこれも付けておきたいところです。

保険の重複に注意

例えば一家に2台車があったとして、どちらか一方の自動車保険に弁護士特約を付けると、もう一方の車で事故が起きたときもその特約が使えるケースがあります。

この場合、それぞれに特約を付けると保険料が重複分勿体無いことになるので、契約時には確認するようにしてくださいね。

 

では、逆に節約できるのはどこか、が気になりますよね?

実際のシミュレーション画面を見ながら、節約ポイントを4つ挙げます。

 

安くするならココを見直す!4つの節約ポイント

以下にシミュレーション結果を挙げています。

保険会社、見積もり条件設定は以下の通りです。

  • 保険会社:ソニー損保
  • 等級:20等級、事故なし
  • 車:平成25年(2013年)10月登録のダイハツタント
  • 運転者:35歳
  • 運転免許証:ブルー

 

1.運転する人の年齢は?

運転する人全員が35歳以上なのに、21歳以上の運転を保障するプランになってませんか?

これは、かなり保険料が上がってしまうので、運転する人の年齢に合わせたプランを選びましょう。

これは非常に金額が変わってきますね。なんと、約3万円の差があります!

もし、補償対象「年齢制限なし」に設定しているなら、真っ先に見直したいポイントですね。

年齢条件は保険会社によって異なる

例えば、ソニー損保は30歳以上は一律保障なのに対し、SBI損保は26歳以上、おとなの自動車保険はちょっと変わっていて年齢による制限はありません。

(同居の子か別居の未婚の子か、などによって保険料が変わる)

仮に26歳の子どもも運転するなら、ソニー損保よりもSBI損保の方が相対的に保険料は安くなる可能性がありますよ。

 

2.運転するのは夫婦のみ?

夫婦2人しか運転しないのに運転者を限定しないプランになっていませんか?

保険会社からすれば、誰が運転するか分からない車はそれだけ事故を起こすリスクが高くなる、と判断されてしまいます。

これも、結構金額に差が出て来るので、しっかりチェック!ですね。

年間1,280円の差、夫婦以外に乗る予定がないならここも見直したいポイントです。

 

3.年間でどれだけ走る?

基本的には走れば走るだけ保険料は高くなっていきます。

なので、もし2台車を持っているなら、出来るだけ保険料が高くなる方の車に乗らないようにする、という方法もあります。

同条件でも、走行距離が違うと年間2,280円の差が出てきます。

年間走行距離を気にしながら車に乗ることは精神的にキツイのでオススメしませんが、2台持ちなら極力乗る車を限定するのも1つの方法ですね。

 

年間走行距離の設定も保険会社によっていろいろ

「おとなの自動車保険」「SBI損保」「三井ダイレクト」「アクサダイレクト」は割とザックリとした設定。

逆に、「ソニー損保」「イーデザイン損保」「そんぽ24」は距離設定が細かいです。

「チューリッヒ」はその中間といった印象。

走行距離が3,000km以下なら細かい設定をしている保険会社の方が有利ですね。

 

4.車両保険でどこまでカバーする?

もちろん、車両保険は付けるより付けない方が保険料は安くなりますよね?

でも、同じ「車両保険を付ける」にしても、免責金額の設定次第では保険料の節約は可能なんです。

年間3,570円の節約になりました。

「車に傷が出来た」「ドアの部分がちょっと凹んだ」など比較的軽いダメージの場合、車両保険を使うのは勿体無いって思いますよね?

車両保険を使うことで、来年度以降の保険料に影響が出てきますからね。

仮に、「10万円程度までの傷なら自分で修理に持っていって直してもらう」のであれば、免責金額を設定することで保険料も節約出来てしまいます。

 

トータルで幾ら節約?

さて、ここまで4つの節約ポイントを挙げましたが、これらを積み上げていくと・・・気になりませんか?

夫婦限定・走行距離・車両保険の免責金額を見直すだけでも、合計7,130円の節約になるんです!

もし、運転者の年齢制限を見直せればかなりの保険料ダウンが期待出来ますよね!

1つ1つの節約幅はそれほど、ですが積み上げるとそこそこの保険料ダウンにつながるので、是非チェック!ですよ。

 

まとめ

自動車保険料の平均値は軽自動車で約47,000円ほど

自動車保険料を抑えるには通販型(ダイレクト型)の保険会社がオススメ

対物賠償や人身傷害、弁護士特約はケチってはいけない

運転者限定や走行距離の設定、車両保険の免責設定で自動車保険料は節約できる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です