生命保険はいらない!?年間11万円を節約した我が家の考え方とは?

ご近所さん

生命保険っていらないって言う人も居るけどやっぱり無いと不安よねぇ

月々の保険代は節約したいけど、万が一のときお金が貰えなかったら困るし・・・

 

「保険」って基本的に万が一に備えるものなので、何もなければ良いのでしょうが、毎月の保険代は結構な出費になりますよね。

「生命保険なんていらない」という人も「何かあったらどうするの?」という人も居て、判断が難しく感じるのが生命保険。

結局、「良く分からないし、このままにしておこう」ってなりがちですよね?

 

「結局どっち?」ってなる生命保険について私が大事と感じたことを書いていきますね。

これを知らないと、生命保険が重複して損しているかもしれませんよ!?

生命保険はいらないのか?

生命保険は、養う家族の有無、年齢、勤務先、持病などみんなそれぞれ違うから、一概に「こうしよう!」という結論にはなりませんよね。

でも、私が言いたいのは、『生命保険がいらないかどうかを考えるために公的制度をある程度把握しよう』ということです。

そう、調べてみると健康保険って結構優秀なんですよ。

健康保険って月々の給料から強制的に数万円天引きされているあのイタイ出費のことですね(汗)

あれって、出費そのものは大変ですが、その代わり万が一のときには役立ってくれたりします。

また、勤務先によっては、独自の福利厚生制度もあって、万が一のときに健康保険+アルファの保障をしてくれるところもあります。

健康保険や勤務先から保障が出るのに、そのうえ民間保険で保障を上乗せするのは、保険代が勿体無いですよね。

 

私は(世帯主です)、健康保険や勤務先の福利厚生を問い合わせ、民間保険と重複しそうなところを見直しました。

結果、年間約11万円の節約に成功しています!

闇雲に保険代を削ったわけでは無いので、そんなに不安感もありません。

では、「健康保険にはどんな制度があるの?」というところから復習していきましょう!

これを知ってるだけでも、随分違うと思いますよ。

 

健康保険の制度や会社の厚生年金からカバーされる範囲は?

一般的なサラリーマンなら月々給料から天引きされている健康保険

とてもイタイ出費ですが、これを支払っていることで万が一のときには恩恵もあるんですね。

ざっと挙げると次のような制度を利用することが出来ます。

各制度の詳細について

ここでは、ざっくりとした内容しか書いていません(いや、書けません・・・)

「うちの場合だったらいくら貰えるの?」が一番大事なところだと思うので、夫が働いている会社やファイナンシャルプランナーに相談することをオススメします。

 

1.高額療養費

皆さんご存知、たくさんの医療費がかかっても上限以上は払わなくても済む制度。

年収770万円くらいまでなら、仮に医療費に100万円かかっても月の負担金は9万円弱!

年収370万円以下なら6万円弱に!

と~ってもありがたい制度ですよね。

 

2.傷病手当金

仕事と無関係な病気やケガで働けなくなった時(仕事と関係する場合は労災)、給料の額の3分の2を受け取ることができる(最長で1年6ヶ月間)という制度。

個人事業主は国民健康保険に加入するので対象ではありませんが、一般的ないわゆるサラリーマンで健康保険に加入しているなら利用できます。

 

3.遺族年金制度

大黒柱であるご主人が無くなった際に、残された家族に年金が支給されるという制度。

仮に、18歳未満の子どもが1人いる世帯なら月々13万円ちょっと支給されます。

もちろん、これだけで生活するのは苦しいですが、生活の足しにはなりますよね。

 

4.団体信用生命保険(団信)

これは公的制度ではありませんが、住宅ローンを借りている人が死亡・高度障害になった場合に、住宅ローンがチャラになるという制度。

遺族が住宅ローンの心配をしなくて済むのはとてもデカイですよね!

連帯債務の場合は全てチャラにはならないので注意が必要です。

 

どうですか?

もし、夫が無くなったとしても、

  • 住宅ローンはチャラになる
  • 遺族年金が月々13万円ほど入ってくる

もし、夫が病気で入院したとしても、

  • 高額療養費で月々入院費の上限は9万円弱
  • 傷病手当金として、給料の3分の2が振り込まれる

 

結構、民間保険が必要な範囲って少ないですよね?

さらに、勤め先によっては+アルファの福利厚生制度を持っているので、これ以上の保障が得られることも考えられます。

これは、勤め先に確認しておかないと勿体無い!です。

 

もちろん、

  • 子どもがまだ小さいのに、教育費も全然足りない!
  • 住宅ローンを連帯債務で組んでいるから、結局ローンの支払いが残る・・・
  • 夫が脳卒中片麻痺で介護が必要になったらどうするの?

といったケースは充分考えられますよね。

それでも、これらの制度がある前提で生命保険の見直しをすることはとても大事だと思うんです。

我が家の場合、これらの制度があることで大幅な保険の見直しに踏み切りました!

 

我が家に必要な保障は?

まずは私は今まで入っていた生命保険の概要です。

  掛け金 保障額
死亡・高度障害 7,231円 300万円
怪我・病気 4,125円 1万円/日

もちろん、この内容は出来るだけザックリ書いた内容ですよ。

月々支払っている金額は合計11,356円と、正直それほど高いとは思いません。

ただ、残念ながら必要性の薄いところにお金をかける余裕はうちには無いのです・・・(泣)

でも、この内容だけ眺めていても、保険がいらないかどうかは分からないですよね。

 

まずは死亡・高度障害に対する保険を見直す

我が家の背景や利用できる制度を考えると・・・。

  • 我が家には18歳未満の養う必要のある子どもは居ない。
  • 妻には遺族厚生年金が月々5万円ほど支給される
  • 埋葬費も数万円支給される
  • 団信に加入しているので住宅ローンは全てチャラ、妻は今の家に住むことが出来る
  • 妻は自分の生活費を稼ぐ能力がある。
  • 私の年代で死亡する確率は1%未満(厚生労働省の平成27年人口動態統計月報年計より)

どうでしょう?特に妻は困らないですよね(むしろ・・・(汗)

これらの理由から、死亡・高度障害に対する保険を全て解約しました。

「もしものとき葬儀費用どうするの?」って思うかもしれませんが、月々7,231円が節約できれば年間で86,772円、5年も経てば43万円くらいにはなります。

それでなくても、そのくらいの蓄えはあるので我が家の場合は民間保険での死亡に対する備えはいらないと判断したのです。

 

怪我や入院に対する保険は?

ご存知ですか?日本では、病院に入院できる期間ってドンドン短縮されている傾向にあるのです。

参考記事:入院から退院まで2週間以内が当たり前!?長期入院させてもらえない病院のウラ事情

重度の脳卒中やうつ病では半年以上の入院になることもありますが、悪性新生物(いわゆるガンですね)でも平均すると20日ほどしか入院しません

参考記事:平成26年 厚生労働省「患者調査」

そのうえで、我が家のケースを考えると・・・。

  • 我が家には18歳未満の養う必要のある子どもは居ない。
  • 私には障害手当金として給料の額の3分の2が支給される
  • 高額療養費があるため、月9万円以上の負担は無い
  • 病院に入院できる期間は平均で20日ほど。
  • 妻は自分の生活費を稼ぐ能力がある。

1万円/日もの保障のために、月々4,125円も払わなくても良いですよね?

この金額を貯金すれば、年間5万円ほどは怪我や入院に備えることが出来るのです。

ただ、高額療養費は差額ベッド代や食事代などは対象外

入院に対する保障を全てカットしてしまうのはどうかな?と考えたので、結局5千円/日の保障だけは残しました。

 

結局、掛け金はどうなった?

結局、死亡・高度障害に対する保険は7,231円全てカット、怪我や入院に対する保険は4,125円から2,230円までカットしました。

この保険は掛け捨てですが、65歳まで一定額の払い込みで保険期間は終身なので、全てカットはしていません。

保険期間(保障期間)に注意

保険によっては、一定に年齢になると保険料が上がるタイプ保険期間(保障期間)が65歳までのタイプなどがあります。

「65歳以降の方が保険必要でしょ?」と私は思うので、ご自分や家族の保険期間がよくわからないなら、もう1度確認しておくことをオススメします。

 

結局、私の保険料は月々11,356円から2,230円まで減らすことになりました。

月々9,126円、年間で109,512円の節約です!

この節約したお金を浪費しないように気を付けないといけませんね(汗)

 

アナタのお家に必要な生命保険は?

ここまで、我が家の生命保険見直しを例に挙げて説明してきました。

もちろん、これは我が家の話なので、「保険なんて殆どいらない」というつもりはありません。

特に小さいお子さんが居る場合などは、大きく事情が異なってくるので、余計慎重に考えてしまうと思います。

保険ってかなり複雑な部分が多くて、正直私もしっかり把握しているか?と言われるとそうではありません。

ただ、公的制度をある程度把握しておいて、それからファイナンシャルプランナーなどの専門家のアドバイスを聞いたうえで余分ないらない保険や意図と違う保険を見直すことはとても大事だとも思います。

 

アナタのお家の保険が適切なものになりますように!

 

まとめ

生命保険の見直しをするために公的保険制度をザックリ把握する

アナタや家族の会社の福利厚生もある程度把握する

そのうえで、専門家の意見も聞きながら、生命保険の見直しをすすめる

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です