国営アルプスあづみの公園イルミネーション2018-2019!今年の見どころは?

長野県有数の規模を誇るイルミネーションで、堀金・穂高地区、大町・松川地区と少し離れた2つの地区で同時に開催されるちょっと珍しいイベントですね。

点灯球数は2地区合わせて約55万球以上!

そんな国営アルプスあづみの公園イルミネーションの基本情報や見どころ、注意点などをまとめたのでご紹介します!

国営アルプスあづみの公園イルミネーションの基本情報

【開催日時 】 2018113()201916() ※堀金・穂高地区は2019年1月12日~14日も開催

【点灯時間】16:0021:00

【休日】11月5日~12月10日の月曜日、12月31日、1月1日

【入園料】

大人 450
中学生以下 無料
シニア(65歳以上) 210

※ 当日に限り、大町・松川地区と堀金・穂高地区両方の利用が可能

【点灯球数】 2地区合わせて約55万球

【お問い合わせ】

0263715511(国営アルプスあづみの公園 堀金・穂高管理センター)

0261-21-1212(国営アルプスあづみの公園 大町・松川管理センター)

国営アルプスあづみの公園へのアクセスは?

この公園は少し離れた2つの地区があるので、両地区へのアクセスを整理しておきます。

ちなみに、両地区は約21km離れていて、車で30分ほどかかります。

堀金・穂高地区

【住所】

399-8295 長野県安曇野市堀金烏川33-4

国営アルプスあづみの公園 堀金・穂高管理センター

【地図】

【車で行く場合】

長野自動車道安曇野I.C.より約9km20分ほど

駐車場 1000台 無料

中央口:普通車 約700台(大型バス 11台/身障者専用 7台)

穂高口:普通車 約350台(大型バス  6台/身障者専用 8台)

※この時期は路面凍結も予想されますので、スタッドレスタイヤの装着が必要です。

【電車で行く場合】

JR大糸線 豊科駅、柏矢町駅、穂高駅(公園まではいずれも約6.5km、車で15分ほど)

長野方面(JR篠ノ井線)、塩尻・山梨方面(JR中央本線)いずれからも松本駅でJR大糸線に乗り換えが必要です。

【タクシー】

豊科駅から約15分、2,000円ほど。(交通事情により変動)

南安タクシー 0263-72-2855

安曇観光タクシー 0263-82-3113

明科第一交通 0263-62-3060

【バス(あづみの周遊バス)】

イルミネーション時期のバスの運行はありません。

大町・松川地区

【住所】

398-0004 長野県大町市常盤7791-4

国営アルプスあづみの公園 大町・松川管理センター

【地図】

【車で行く場合】

長野自動車道安曇野I.C.より国道147号線経由で約24km40分ほど

(堀金・穂高地区から約21km30分ほど)

駐車場 約600台 無料(大型バス 5台/身障者専用 8台)

※この時期は路面凍結も予想されますので、スタッドレスタイヤの装着が必要です。

【電車で行く場合】

JR大糸線 信濃松川駅、安曇沓掛(くつかけ)駅、信濃常盤駅、南大町駅、信濃大町駅(公園まではいずれも約6.5km、車で15分ほど)

長野方面(JR篠ノ井線)、塩尻・山梨方面(JR中央本線)いずれからも松本駅でJR大糸線に乗り換えが必要です。

【タクシー】

信濃大町駅 から約15分、2,000円ほど。(交通事情により変動)

アルピコタクシー大町支社 0261-23-2323

【バス(大町市民バス ふれあい号)】

イルミネーション時期、夕方以降のバスの運行はありません。

無料シャトルバスは出るの?

今年は堀金・穂高地区のみ期間限定で無料でシャトルバスの運行があります。

堀金・穂高地区

【運行日】201812月22日(土)~24日(月)

【運行時間】豊科駅始発 16:00、公園中央口最終 21:15

【運行区間】JR大糸線豊科駅⇔国営アルプスあづみの公園 堀金・穂高地区

大町・松川地区

 今年は無料シャトルバスの運行は無いようです(><)

電車で行く場合は、堀金・穂高地区最寄りの豊科・穂高・柏矢町駅(どの駅からの距離もそんなに変わりません)から約6.5km、大町・松川地区最寄りの信濃常盤駅から約3.3kmといずれも徒歩では大変な距離ですね。

タクシーだと、いずれの地区も片道2,000円ほどかかるので、往復で最低4,000は考えておく必要があります。バスも11月以降の夕方に運行している便はありません。

やはり、おすすめは期間限定で運行される無料シャトルバス!

ただし、運行は堀金・穂高地区のみクリスマス時期の3日間限定。

電車に乗って安く行きたい!というアナタはこの時期を狙うべきでしょう。

両地区の間はどのくらいかかる?
両地区で無料シャトルバスが運行される豊科駅と信濃松川駅の間はJR大糸線乗り換えなしで40分、500です。(両地区間を結ぶ無料バスがあると便利ですね・・・)
車だと両地区の間は21km30分ほどかかります。
どっちの地区がメイン?

大町・松川地区の方が広いですが、人出は堀金・穂高地区の方が多いです。

例年、堀金・穂高地区のみ期間を延長して開催されており、こちらの方がメインといった雰囲気ですね。

以前もプロジェクションマッピングや空中回廊など大町・松川地区の見どころもたくさんありましたが、両方に行く余裕が無い!という人は堀金・穂高地区を優先した方が良いでしょう。

国営アルプスあづみの公園イルミネーション2018-2019の見どころは?

今年のテーマは「アルプス一千の煌めき」!

今年は2つの日本一がメインの売りのようです。

  • 日本最長500m!光のトンネル(堀金・穂高地区)
  • 日本最多500個!光のハート(大町・松川地区)

たぶん、両方の500を足して「一千の煌めき」なんでしょう^^;

だいすけ

日本一長い光のトンネルって言われるとちょっと興味ありますね

※ 動画は昨年のものです。

だいすけ

何か以前より点灯パターンが複雑になっていて演出が凝っている印象ですね。

0:25辺りからの大町・松川地区が特にキレイですよ!

安曇野・佐久・諏訪連携イルミネーションスタンプラリー

下記5箇所のイルミネーションでQRコードを読み込むことでスタンプを集めるって企画。

2018年11月3日(土)~2019年1月31日(木)までの期間限定イベントです。

だいすけ

正直、このためだけに5箇所を巡るのはちょっと・・・

それでも、景品にはホテル宿泊券なんかもあるようなので、立ち寄れる範囲なら狙うのもアリかな?

両地区合わせて55万球のイルミネーション!

※画像は2017-2018年度のものです。

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

yukiushiyamaさん(@yukiushiyama)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

yokoさん(@yoko.mhr)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

nokaさん(@1120_noka)がシェアした投稿

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

@karumia1045がシェアした投稿

だいすけ
やっぱり長野最大級のイルミネーションだけありますね。寒いですけど、見る価値はありマス!

花火とイルミネーションのコラボ!(堀金・穂高地区限定)

日時限定ではありますが、堀金・穂高地区では花火とイルミネーションのコラボレーションを楽しむことが出来ます。

だいすけ
イルミネーションのついでの花火かな、と思ってたら結構本格的!
風車のような演出から打ち上げ花火、ナイアガラの滝のような花火まで見せてくれます。
1分30秒くらいから始まる打ち上げ花火なんてかなり見応えありますよ!
これで入場料450円でいいんでしょうか!?

堀金・穂高地区 花火情報

開催日】11月23日(金)~25日(日)、12月22日(土)~24日(月)

時 間】各日20:00~(約5分間)

実施場所】池周辺

※ 天候等の状況により中止の場合あり。

国営アルプスあづみの公園イルミネーションの注意点は?

温かい服装で行きましょう!

両地区とも山の中にあるので、特に夕方以降はかなり冷え込みます。足元から冷えるのでブーツ、マフラー、手袋など、しっかりと防寒対策をしていくことをおすすめします。

下記は2017-2018年の安曇野市の気温です。参考にしてみてください。

日付 最高気温 最低気温
1130() 9 3
124() 7 -2
1215() 6 -5
1224() 11 -3
16() 4 -7
だいすけ
12月に入ると最低気温が氷点下になることも珍しくないですね。防寒対策はもちろんですが、時期によっては路面凍結の可能性もあるので、滑りにくい靴で行くことをオススメします。車で行く方はスタッドレスタイヤをお忘れなく!

混むのはやっぱりクリスマス近辺!

中央口だけでも700台の駐車場を持つ堀金・穂高地区ですが、一番混雑するクリスマスは穂高口の駐車場も開けそこから園内移動用のバスが運行されました。今年は1222日、23日が土日になるので、この2日は特に混雑が予想されます。

早めの時間に到着するよう、混雑を避ける工夫をした方が良さそうです。

 

さいごに

某サイトでは甲信越地方のイルミネーションランキングで1位に輝いたこともある、この国営アルプスあづみの公園のイルミネーション。

長野県を代表するイルミネーションだけあって、写真だけを見ていてもとてもキレイですね。

2017-2018年は去年とは随分趣向が変わっているので、去年訪れた人もそうでない人も新鮮な気持ちで楽しめそうですよ!

価格も1450円ととってもリーズナブル!なので、防寒対策をしっかりとして自然あふれる公園内で光の競演を楽しみたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です