口唇ヘルペスは自然治癒ではダメ!3つの理由と対処法

唇の周りがピリピリ・チクチク・・・

ああ、また水ぶくれが出来そう・・・

今まで何度この症状を繰り返したことか(涙)

 

そんな口唇ヘルペスですが病院に行くのが面倒だったりしませんか?

  • そのうち治るんじゃない?
  • 病院に行ったらお金取られるし
  • 忙しくて病院に行く時間が・・・

 

確かに、口唇ヘルペスは自然治癒する病気でその人の体力にもよりますが、2~3週間を目安に症状は治まってきます。

「じゃあ、病院に行く意味ナイデスネ!」

と思うかもしれませんが、結論から言うとやっぱり病院を受診することをオススメします。

ここでは、その理由と対処法について挙げていきます。

あなたのその症状は本当に口唇ヘルペスですか?

口唇ヘルペスの自然治癒をオススメしない3つの理由

その症状が口唇ヘルペスとは限らない

唇の周りに水ぶくれが出来たから「口唇ヘルペスだ」と考えていませんか?

確かにこの症状は口唇ヘルペスの典型的なパターンですが、他にも唇の周りに水ぶくれやただれが起きる病気はたくさんあります。

  • 帯状疱疹
  • 口角炎
  • 湿疹・皮膚炎
  • 手足口病
  • 天疱瘡

などなど。

今まで何回も再発している人の場合、「口唇ヘルペスだ!」って分かることもあるでしょうが、特に初発の場合は他の病気との判別が難しい場合があります。

 

そして、帯状疱疹は体に出来るものと思うかもしれませんが、実は顔に出来たりもします。

だいすけ

私は今まで2回帯状疱疹を発症していますが、2回目は顔に出てきました。始めは「ヘルペスかな?」と思ったのですが、医師の診断は「帯状疱疹」。

すぐに抗ウイルス薬の点滴治療が始まりました。今思うと早めに受診して良かった、と思います。

皮膚がピリピリ・チクチクして徐々に水ぶくれが出来るという点では帯状疱疹も口唇ヘルペスもよく似ているので、素人判断は危険な場合も。

もし、帯状疱疹だとしたら後遺症を残さないためにもなるべく早い段階から治療を始める必要があるので、「その内治るだろう」ではなくすぐ病院を受診してくださいね。

帯状疱疹の痛みはいつまで続くの?気を付けるポイントは?

2017.10.28

帯状疱疹はうつる?仕事を休んだ方が良い理由とは?

2017.10.12

 

家族や周りの人にうつす危険性がある

口唇ヘルペスの原因ウイルス(単純ヘルペスウイルス)は感染力がとても強いと言われていて、接触感染によって周りの人にうつしてしまう危険性があります。

  1. 自然治癒を期待して放置
  2. ウイルスの活動が活発になってドンドン水ぶくれが拡大
  3. 水ぶくれが破れればそこにはたくさんのウイルスが・・・
  4. 傷口を触った手でコップやタオル・ドアノブなどを触れる
  5. そこが感染経路となって周りの人に感染

といったケースが考えられます。

だいすけ

大体、口唇ヘルペスを発症するということは体が弱っている時なので、ウイルスを抑えるだけの力が体に無いことが多いですね。

早い段階で治療を開始することで、水ぶくれの拡大が防げるので、家族や周りの人にうつすリスクを減らすことが出来るのです。

 

 

治癒が長引くことで跡やシミが残る可能性がある

ウイルスの活動が活発になって症状が悪化すると、治まった後色素沈着を残す可能性が。

また、症状がひどく皮膚の深層まで影響が出ると、跡が残りなかなか治らないケースもあります。

この点からも早めの治療が必要ということですね。

 

口唇ヘルペスは何科を受診するの?

結論から言うと、内科か皮膚科、どちらでも診てもらうことは出来ます。

ただ、唇の症状以外に気になることがあるなら内科を受けた方が良いですね。

口唇ヘルペスなのか、かぶれなのか、湿疹なのか良くわからないようなときは皮膚科の方が専門でしょう。

ちなみに、性器ヘルペスの場合は、男性は泌尿器科女性は婦人科になります。

 

市販薬では治らないの?

どうしても病院に行く時間が無い!

という人もいることでしょう。

土曜日の遅い時間だから病院やってない!

という人もいることでしょう。

 

また、今まで何回も口唇ヘルペスが再発しているような人は、「あ、また来たな」って大体分かりますよね。

この病気は早い段階での治療がとても大事なので、症状を感じたらすぐに手を打ちたいところ。

そんなとき、始めての口唇ヘルペスで無いことが条件ですが、市販薬を使うことも出来ます。

ただ、この薬は買うのにいくつかの関門(?)があります。

  • 薬剤師のいる店にしか売っていない
  • 薬剤師から対面販売でないと買えない
  • 薬剤師から「口唇ヘルペスの再発であること」「今まで口唇ヘルペスの治療を医師から受けたことがあること」を確認される

この薬はあくまでも「口唇ヘルペスの再発治療薬」なので、その確認が行われます。

なので、

  • 始めて口唇ヘルペスに罹った
  • 何年ぶりの口唇ヘルペスだ(たぶん)
  • 性器ヘルペスだけど病院行くのはイヤだから市販薬を・・・

というケースにはこの薬は適応外、ということになります。

また、この軟膏を塗っても全然良くならない、という場合は当然医師の診察を受けてくださいね。

 

バルトレックスは買いだめできないか

口唇ヘルペスの治療に使われる代表的な薬「バルトレックス」

私も今まで何回この薬のお世話になったか分かりません(汗)

ウイルスの活動を抑えるのにとても効果のあるこの薬ですが、その辺のドラックストアなどでは購入することは出来ません。

医師の診察を受けて処方箋を発行してもらうことで始めて購入することが出来ます。

そして、思うのは「あらかじめ買いだめしておけないかな?」ということ。

確かに口唇ヘルペスは早期からの治療が大事なので、「あ、またヘルペスだ!」というタイミングでバルトレックスを服用出来れば被害を最小限に抑えることが出来ます。

 

そんなバルトレックスですが、買いだめするには2つの方法があります。

医師に予備の分としてバルトレックスを処方してもらう

これは医師によって方針が大きく違うでしょうから、どの病院にいってもこの対応をしてくれるとは限りません。

というか、この対応をしてくれる医師の方が少数派なのかも(汗)

私は定期的に皮膚科を受診しているので、バルトレックスが切れたタイミングで、予備の分を処方してもらっています。

何回も口唇ヘルペスを繰り返しているなら、一度医師に相談してみては如何でしょうか。

 

個人輸入の代行会社から購入する

処方箋なしでバルトレックスを購入する手段としては、海外からこの薬を輸入して手に入れるという方法があります。

日本では販売が認められていない薬も、海外から輸入して自分で使う分には合法なのです。(他の人に売ったり譲ったりしたら違法)

ただ、自分で海外の会社に連絡をしてそこから購入するのはとてもハードルが高いですよね。

そんなとき、個人輸入を代行してくれる会社が日本にいくつもあるのです。

(「バルトレックス」「個人輸入」などのキーワードで検索してみてください。)

しかし、個人輸入なので幾つか注意しておく点もあります。

  • 個人輸入代行会社に薬の説明を求めることは出来ない(バルトレックスに関する知識を自分で収集する必要がある)
  • 自分の判断で薬を服用することになるので、自己責任を伴う(副作用、健康被害)
  • クーリングオフの適応は無い

これらの注意点を踏まえたうえで購入するのであれば、バルトレックスの買いだめをすることは可能です。

 

まとめ

口唇ヘルペスの自然治癒はオススメ出来ない

口唇ヘルペスは早期からの治療がとても大切

口唇ヘルペスの受診は皮膚科か内科で

市販薬も販売されているが購入するには条件がある

バルトレックスを買いだめする方法もあるが、自己責任を伴う

 

日本人の7割が感染するとも言われるヘルペスウイルス。

もはや国民病といってもいいくらいですね。

非常に鬱陶しい&不快な病気ですが、一度感染したら一生付き合っていくしかない病気なので、正しい対応法を身につけておきたいですね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です