【山梨貧乏旅行】勝沼ぶどうの丘のRVパークで車中泊!ワイン好きのオアシスか?

RVパーク3

  • いろんなワインを少しずつ飲んでみたい
  • けど、そのあと車を運転できる人がいない
  • ついでに言うと、家族全員の宿泊費を捻出するほど余裕がない

そんな我が家は、今秋11月上旬に勝沼ぶどうの丘のRVパークで車中泊をしてきました!

  • 200種類ともいわれるワインを試飲し放題
  • ワインを飲んだあとに運転のことを考えなくても良い
  • 同じ施設内に温泉もある
  • しかも家族全員で宿泊費は2,160円!

そんな我が家のためにあるような施設でございます。

そう、我が家は夫婦ともにワイン好きでアウトドア好きで裕福ではないのです!(涙)

ここでは、そんな山梨にある勝沼ぶどうの丘のRVパーク(車中泊ゾーン)を中心に、体験談を紹介していきますよ!

勝沼ぶどうの丘RVパーク(車中泊ゾーン)はどんな感じ?

まずは勝沼ぶどうの丘のマップから

あんまりホームページにも情報載ってないんですよね、ここのRVパークのことって。

現地でもらったパンフで説明するとこんな位置関係になります。

RVパークの位置

写真赤丸がRVパークの位置。(番号すら振られていない・・・)

①がインフォメーションですが、ここで受付をします。

ちなみに⑧が温泉の「天空の湯」。

インフォメーションからRVパークに向かって坂道を降りていく感じです。

 

RVパークのなかは1~4まであって、今回私たちは1番を割り当てられました。

RVパーク内1番から見るとこんな感じ。

RVパーク3

1つずつに電源が付いていて、受付時にその鍵が渡されます。

RVパーク電源

コンセントは1つですね。

RVパークから上を見るとこんな感じ。

RVパークから天空の湯

写真黄丸が「天空の湯」、赤丸の位置がトイレになってます。

ちなみにトイレは階段を数段登って、また下がる謎仕様(苦笑)

トイレ内はそんなに汚い印象はありませんでしたよ!

水道(お湯はなし)もパーク内2箇所で使えます。ちょっとした料理もできますね。

RVパーク水道

夜は入り口に柵がされるので、車の出入りはできません。

夜は柵付き

奥に見えてますけど、景色はスバラシイですね!

こっちが夜景で(う~ん、写真だとやっぱり伝わらないかな・・・)

夜景がキレイ

これが早朝の様子

朝の眺め

これが利用規約

RVパーク利用規約

ここにも書いてありますが、RVパークに入る手前くらいの道はやや勾配がきつく道も狭くなっています。

でもまあ、キャンピングカーも泊まれるくらいなので、そこまで神経質にならなくても良いかなぁ、とも思いますが。

温泉もワイン試飲し放題も楽しめる!

さて、RVパークについたら飲み食いする前にまずは温泉!

というわけで、車を止めた位置から歩いてすぐの位置にある「天空の湯」へ。

さすがに温泉内の写真はとれないので、ツイッターから持ってきました。(この人どうやって撮ったんだろ?)

ここにも書いてますが、眺めはバツグン!朝8時からの営業のようですが、朝風呂も良いでしょうね!

勝沼ぶどうの丘天空の湯基本情報

営業時間:8:00~22:00(最終受付21:00)
定休日:なし
料金:中学生以上600円、3歳~小学生300円

そして、いよいよワイン飲み放題試飲し放題のお時間となってまいりました!

受付で一人1,100円を支払ってタートヴァンなる容器を購入。

タートヴァン

いよいよ入場です。

カーヴ入り口

おおっ、なんとも雰囲気ありますね!

ワインカーヴ1

カーヴ内は大きく赤ワイン、白ワインで通路が分かれていて、それぞれフルボディ~ライトボディ、辛口~甘口といった風に分けられています。

秋だったからか、新酒のコーナーもありましたよ。

試飲して思ったのは・・・

ワインカーヴ2

あんまり好みに合うのは少ないなぁ・・・

「これは良いかな?」と思えるのは、大体赤ワインのフルボディタイプ。

でも、お値段が3,000円~って感じで、私の稼ぎでは普段飲みには向かない(涙)

思いの他、当たりのワインは少なかったですね。

やっぱりおとなしくチリワインかな(笑)

勝沼ぶどうの丘RVパーク(車中泊ゾーン)のここがイマイチ!

そんな感じでRVパークで車中泊をした私たちですが、気になったのは以下の2点。

  1. ゴミ捨て場がすぐ近くにある
  2. 止める区画はもうちょっと工夫して欲しかった

1.ゴミ捨て場がすぐ近くにある

先に書いたように私たちは今回1番の区画を割り当てられましたのですが、その隣はなんとゴミ捨て場!

隣はゴミ捨て場 隣はゴミ捨て場2

なかにはワインの空き瓶が山積みに・・・

隣はゴミ捨て場3

なんだかなぁ、場所も施設内の一番端でゴミ捨て場の近くって、「客のようで客にあらず」みたいな感じを受けました(悲)

私たちのチェックイン後も、スタッフが軽トラに乗ってゴミを捨てに来てました・・・。

せめてゴミ捨て場の場所、なんとかなりませんかね?

2.止める区画はもうちょっと工夫して欲しかった

これはソフト面のお話。

先の写真の通り、RVパーク内は1~4番まであるのですが、この日は私たちともう1台の利用がありました。

で、私たちが先にチェックインしたので1番を割り当てたのでしょうけど、次にチェックインしたお客さんを2番に割り当ててました・・・。

つまり、端2区画が埋まっていて3、4番は空いている状態。

いやいや、後からチェックインしたお客さん3番に割り当てません?普通。

もし3組目のお客さんが来たら2番か4番に割り当てればいいだけですからね。

別に間違ったことは何もしていないのですが、この辺はどうも事務的というか、もう少し融通がきけばなぁ・・・と感じました。

利用者はまだまだ少ないらしい

これは、利用前に電話で問い合わせたときに聞いた話ですが、このRVパーク基本的に利用者はまだ少ないらしく全部埋まることは殆どないそう。

利用されるなら、そのときのチェックイン状況と希望の番号を言ってみると良いと思いますよ!

 

晩ごはんは甲府駅前まで繰り出しました

ワインの試飲は思いの外盛り上がらず(悲)

晩ごはんは予定通り電車にのって甲府駅前まで繰り出すことに。

勝沼ぶどうの丘から最寄り駅の「勝沼ぶどう郷」までは徒歩で15~20分ほど。

1.5kmくらいなので、タクシーだとワンメーターくらいってスタッフは言ってました。

ただ、帰り(22時ころ)は電話してもタクシー会社の人、誰も出なかったですけどね(汗)

電車は1時間に2本

詳しくは時刻表を見てもらいたいのですが、電車は1時間に2本しか通りません。

そして「勝沼ぶどう郷」に甲府方面から到着する電車の最終は22時33分(この記事作成時)。

もし甲府まで出かけるなら余裕をもって計画してくださいね!

甲府では無事美味しいお店にめぐりあうことができました♪

だいすけ

宿泊費が2,000円ちょっとで済んだから、浮いた分を晩ごはんに割り当てる作戦です!

(結局トータルで使う金額はそんなに変わらないのでは?というのは禁句です)

甲府で晩ごはん1 甲府で晩ごはん2

もちろん、ここでも甲府ワインをいただきました!

やっぱり我が家は「食」にかける情熱は高めですね^^;

最後に

勝沼ぶどうの丘のRVパークは情報が少なかったので、この記事が少しでも参考になれば幸いです。

山梨では車中泊ができそうな道の駅がいくつかありますが、電源があってワイン試飲と温泉が近くにあるところは他にはありません。

電車に乗れば甲府も圏内なので検討してみてはいかが?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です