千畳敷カールの紅葉2018!混雑状況や周辺スポットは?

だいすけ
千畳敷カールの紅葉ってしばらく見てないなぁ
だいすけ妻
景色は好きだけど混雑スゴかったなぁ
だいすけ
今度行くなら車中泊かな?

信州の紅葉のトップを切る勢いで始まる千畳敷カールの紅葉。

紅葉トップシーズンの絶景は一見の価値あり!

ただ、それ相応に混雑するのも実情なんです(汗)

ここでは、そんな信州・千畳敷カールの紅葉について、見どころや混雑状況・周辺スポットなどを紹介していきますよ!

 

千畳敷カールの紅葉2018基本情報

【住所】長野県駒ヶ根市赤穂1

【例年の見頃】千畳敷カール:9月下旬~10月上旬、ロープウェイ区間:10月上旬~10月下旬

【紅葉する木の種類】ダケカンバ、ナナカマドなど

【アクセス】電車:JR駒ヶ根駅からバスに乗り約45分しらび平下車、ロープウェイに乗り約8分千畳敷駅下車 、車:中央自動車道駒ヶ根ICから菅の台バスセンター(その先マイカー進入禁止)、バスに乗り約30分しらび平下車、ロープウェイに乗り約8分千畳敷駅下車

【駐車場】臨時含め約1,000台(普通車600円)

【問い合わせ先】0265-83-3107(中央アルプス観光)、0265-81-7700(駒ヶ根市観光案内所)

信州を代表する紅葉名所の1つ、千畳敷カール。

次では、その見どころを紹介していきますよ!

千畳敷カールの紅葉の見どころは?

まずは次の動画を見てみてください。

 

だいすけ

0:10~0:30くらいまでバスやロープウェイを待っている人の様子やみんなの服装も参考になります。

さすが標高2,612mの別世界だけあって、皆さんダウンなどをしっかり着込んでますね!

1:10~ロープウェイからの紅葉も見事ですが、登りきったその先には1:40~のような景色が待っていますよ♪

 

それでは、千畳敷カールの見どころを下から順番に見ていきましょう!

  1. ロープウェイからの紅葉
  2. 1周約50分の雲上遊歩道
  3. 剣ヶ池から望む宝剣岳
  4. 2612体験!

1.ロープウェイからの紅葉

まずはこれ、ですね。

高低差950mのロープウェイだけあって、単純計算でも下と上では5~6度気温が違うことに。

それだけ、時期によって徐々に色づいていく木々を楽しめるってスンポウです。

もちろん、千畳敷カールよりは紅葉の時期が若干遅れるので、例年の見頃は10月上旬~10月中旬。

「千畳敷カールに行ったけど、もう紅葉が終わりかけてた・・・」って場合でもロープウェイからの景色はアナタに優しいのです(笑)

2.1周約50分の雲上遊歩道

標高2,612mの遊歩道ってあんまり経験しないですよね?

栂池自然園や乗鞍高原でも標高1,800~1,900mくらいですから、慣れていない人は「あれ?酸素薄い?」って思うかも(汗)

昔々氷河によって削り取られた「お椀型の地形」を意味する「カール」の名の通り、周りに高い山々を眺めながら散策が出来ますよ。

遊歩道といっても・・・

栂池自然園など結構しっかり整備されたところもありますが、ここの場合基本的に砂利道のような感じの道です。

足元はスニーカーなど歩きやすい靴・服装でどうぞ。

3.剣ヶ池から望む宝剣岳

この遊歩道一番のビューポイントじゃないでしょうか?

剣ヶ池の向こうには紅葉と宝剣岳の勇姿が・・・

もちろん、ガスが出ているときは拝めない景色ですが、だからこそ余計に価値があるのかもしれませんね。

4.2612体験!

千畳敷カールでは、標高2612mにあやかって(?)「2612体験」なるイベントが開催されていたりします。

A.ロープウェイ紅葉運行

10月15日(月)~19日(金)の1日1回(11時10分~25分)、20人限定でロープウェイを通常よりもゆっくり運行してくれます。

これならロープウェイからの景色も写真に取りやすいですね。

要電話予約なのでご注意を。

B.乗越浄土トレッキング&山ごはん

こちらは10月20日(土)、21日(日)の2日。各日10名&女性限定のイベント。

千畳敷カール~乗越浄土間の往復トレッキングを行い、乗越浄土で山ごはんを作って食べるってスンポウです。

だいすけ
2612オリジナルナルゲンボトルもついてくるようですよ!

参加料金は9,800円、参加者は先着順とのこと。

問い合わせ先:0265-81-7700(駒ヶ根観光協会ツアーデスク)

C.万歩計で目指す2612チャレンジ!

実施期間は10月15日(月)~11月4日(日)。こちらは参加費無料。

歩数が分からないように隠された万歩計をつけてカール内を散歩。

ピッタリ2612歩を達成した人には2612オリジナルナルゲンボトルをプレゼントっていう、ちょっと嬉しいイベント(笑)

だいすけ
正直難易度はかなり高い気はしますが、無料なので挑戦する価値はありそうですよ!

 

信州を代表する紅葉名所だけあって、やっぱりピーク時の千畳敷カールの写真はどれみてもキレイ!

ただ、それだけにピーク時の混雑はホント半端ない(時事ネタ?古いか・・・)ことに。

次ではそんな紅葉シーズン中の混雑状況、駐車場状況などを取り上げていきます。

千畳敷カール紅葉シーズンの混雑状況は?

紅葉のベストシーズンはハッキリいって激混みが大前提(汗)

中途半端な時間に現地に到着しようものなら、路線バス・ロープウェイそれぞれ2~3時間くらい待つのは当たり前の世界なんです(涙)

もちろん、降りてくるのにも同様の時間がかかることに・・・。

それだけにしっかり対策を持ってこの天空の紅葉に望みましょう!

まず、JR駒ヶ根駅、もしくは中央自動車道駒ヶ根ICから千畳敷カールまでたどり着くには以下のパターンが考えられます。

  1. JR駒ヶ根駅→(中央アルプス観光バスor伊那バス)→しらびそ平駅→(駒ケ岳ロープウェイ)→千畳敷カール
  2. JR駒ヶ根駅→(タクシー)→しらびそ平駅→(駒ケ岳ロープウェイ)→千畳敷カール
  3. 駒ヶ根IC→菅の台バスセンター(ここで駐車)→(中央アルプス観光バスor伊那バス)→しらびそ平駅→(駒ケ岳ロープウェイ)→千畳敷カール

ロープウェイの出発するしらびそ平駅まではマイカー規制のために、専用のバスかタクシーでないとたどり着けないんです。

料金やかかる時間は次の図も参考にしてください。

引用:http://www.kankou-komagane.com/alps/

ポイントはどうやってしらびそ平駅までたどり着くか?です。

菅の台バスセンターは朝の5時から登山客でいっぱい、当然その後に到着してもそれだけバスに乗れる時間は後ろにずれ込むことに。

千畳敷カールへ向かうときもこんな調子ですが、帰りも午後になると2~3時間待ちになってしまうんです(涙)

「なるべく日の出前にはバス停に到着して、午後一番には帰ってくる」

こんなスケジュールがベストじゃないでしょうか。

もうひとつの手段がしらびそ平駅までタクシーを使うという方法。

こちらも結局タクシーの予約待ちだったりしますが、もし予約できたなら待ち時間の短縮が狙えます。

乗車時に帰りの時間も予約できれば更にスムーズな移動が可能、ですよね?

料金は大体4,000円ほどが相場。事情が許せば積極的に利用したいところです。

ロープウェイ・路線バス・タクシーの問い合わせ先
ロープウェイ・バス 中央アルプス観光 0265-83-3107
バス 伊那バス駒ヶ根営業所 0265-83-4115
タクシー 丸八タクシー 0265-82-4177
赤穂タクシー 0265-83-5221
だいすけ
朝の5時に菅の台バスセンターとなると車中泊も選択肢ですね。

大変な混雑を乗り越え天空の紅葉を楽しんだら、その後はどこいこう?ってなりますよね。

もちろん、下山してまだ時間がある前提ですけど(汗)

そんなわけで、次では千畳敷カールの紅葉を楽しんだ後のお立ち寄りスポットについても紹介していきます。

千畳敷カールを楽しんだ後のお立ち寄りスポットは?

ここでは3つのスポットを紹介します。

  1. いな垣
  2. マルス信州蒸溜所 マルスウイスキー 本坊酒造
  3. 早太郎温泉 こまくさの湯

1.いな垣

駒ヶ根といえばソースカツ丼。

この辺は激戦区で、一番人気の明治亭、元祖とウワサのきらく、ボリューム満点のガロ、などいろんなお店が点在しています。

そんななかで、今回おすすめするのがこの「いな垣」さん。

ハッキリいってボリュームはそこまで、じゃありません。

でも、かなり美味しい(笑)

お肉とソースとごはんの相性が一番ぴったり来る感じがするんですよね。

ぜひ一度ご賞味あれ。

いな垣 基本情報

【住所】長野県駒ヶ根市赤須町18-11

【営業時間】11:00~20:00

【休館日】毎週火曜日・第3月曜日(例外あり)

【電話番号】0265-83-8080

2.マルス信州蒸溜所 マルスウイスキー 本坊酒造

ウイスキー好きならぜひ!

国内のウイスキー蒸留所って20も無いんですけど、そのうちの一つなんです。

ブレンデッドウイスキー(いくつかの原酒を合わせたウイスキー)なので、白州や余市などがちょっと癖キツイかな?って感じる人にも一度試して欲しいところですね。

コストパフォーマンスが高いものもありますよ!

工場見学、試飲、お土産販売あり〼

マルス信州蒸溜所 基本情報

【住所】長野県上伊那郡宮田村4752-31

【営業時間】9:00~16:00

【休館日】12/29~1/3

【電話番号】0265-85-0017

3.早太郎温泉 こまくさの湯

千畳敷カールに出かけたあとの日帰り温泉といえばまずここでしょうか。

9~10月とはいえ、天候によっては体が冷えるので、そのあとの温泉は格別ですよ♪

ここは610円で内湯(大浴場)、薬湯、ジェット風呂、サウナ、冷風呂。露天風呂が楽しめます。

食堂施設もあるので、「あれこれ回る元気が無いなぁ」ってときならここで済ますことも出来ますよ(笑)

ホームページを印刷してもっていくと50円引きになります。

早太郎温泉 こまくさの湯 基本情報

【住所】長野県駒ヶ根市赤穂759-4

【営業時間】10:00~21:00(入館締め切り20:00)

【休館日】第2・第4水曜日(祭日の場合は翌日)

【電話番号】0265-81-8100

 

さいごに

参考になったでしょうか?

9月とはいえ、天候によっては千畳敷カールなんて真冬並みの世界(汗)

必ず温度調整できる服装で出かけてくださいね!

基本はレイヤリング(重ね着)、上まで行ったは良いけど寒くてロクに回ることなく下山してきた・・・ってならないように(笑)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です