山中湖花火大会(報湖祭)2018!見どころや混雑状況、おすすめキャンプ場は?

キャンプ場から楽しめる花火大会!

富士五湖の花火大会のなかでも真っ先に行われる山中湖の花火大会、「報湖祭」。

打ち上げる数も総数1万4000発とかなりの規模!

そして、なんと言っても、湖畔のキャンプ場から花火鑑賞も可能という、何とも嬉しい花火大会なんです♪

ここではそんな、山中湖花火大会「報湖祭(ほうこさい)」 について、見どころや混雑状況、湖畔のキャンプ場を紹介していきますよ!

だいすけ
テントサイトでお酒を飲みながら花火鑑賞なんて素敵ですよね!

 

山中湖花火大会(報湖祭)2018の基本情報

【開催日】2018年8月1日(火)

【開催時間】20:00~21:00(予定)

【打上場所】山梨県南都留郡山中湖村 山中湖湖畔4箇所(下図参照)

引用:山中湖観光協会

【アクセス】車:東富士五湖道路山中湖ICから約3km、電車:富士急行線 富士山駅より富士急山梨バス御殿場駅行きで30分

【問い合わせ先】0555-62-3100(山中湖観光協会)

 

さて、富士五湖で行われる花火の先陣をきるこの山中湖の花火大会。

まずはその見どころについて紹介していきますよ!

山中湖花火大会(報湖祭)の見どころは?

この山中湖花火大会(報湖祭)は、湖の周り4箇所で花火が打ち上げられるというちょっと変わった花火大会。

場所によっては複数の打ち上げ花火を同時に見ることができるんですよ。

まずはこの動画を見てみてください。

だいすけ

2017年度はちょっと煙が停滞して残念は感じはありますが・・・

この規模の花火が無料で楽しめるのは嬉しいですね!

キャンプ場から眺める花火は格別ですよ~♪

さすが合計1万4000発があがるという花火大会だけありますね!

ただ、心配になるのは当日の混雑状況じゃないでしょうか?

次では、その辺について説明していきますよ。

山中湖花火大会(報湖祭)、当日の混雑状況は?

この花火大会は打ち上げ箇所、会場が4箇所あるので人出は若干分散する傾向に。

ちなみに会場は次の4箇所です。

  1. 山中地区会場:山中湖畔駐車場
  2. 旭日丘地区会場:旭日丘駐車場
  3. 平野地区会場:平野ちびっ子広場
  4. 長池地区会場:親水公園

メインとなるのは1の「山中地区会場」。

車で移動の場合、過去には15時くらいには現地に着いてないと混雑で思う駐車場に入れないってケースがあるようですね。

抜け道のような道が少ないことと、交通規制が行われないことも要因なんだと思います。

逆に「山中地区以外」で鑑賞すれば比較的混雑は少なくなります。

が、これも18時くらいに現地に到着すると主要な道は渋滞している可能性が高いのでどちらにしても15時くらいまでには移動が終わっていた方が無難ですね。

だいすけ
ただし露店は山中地区でないと楽しめないし、打ち上げられる花火の種類もここが一番豊富なので、祭りの雰囲気も含めて楽しむにはこの地区で鑑賞、です!

 

山中湖花火大会(報湖祭)、どこから見る?

この花火大会は湖畔で行われるので基本的に遮るものがありません。

湖畔に陣取ることが出来たなら「全然花火が見えないよ!」ってことは無いでしょう。

それでもいわゆる定番スポットのような場所はやっぱりあるんですよね。

それが、山中湖交流プラザ「きらら」。

先程の地区で言うと、平野地区になりますね。

4箇所全ての花火を見ることができる&第1駐車場だけでも収容台数150台可能な万能(?)スポット(笑)

駐車料金は300円かかりますが、個人的には許容範囲の金額かな?

 

山中湖周辺のキャンプ場から花火を楽しむ!

この花火大会の特徴として、湖畔のキャンプ場に設営していればそこから花火を楽しむことができるっていう、なんとも贅沢な花火大会でもあるんです!

そんなわけで、ここでは山中湖湖畔のキャンプ場をピックアップしてみましたよ!

 

1.Lake Lodge YAMANAKA

引用:http://lakelodgeyamanaka.com/guide/

もとは大学の寮だったというこの「Lake Lodge YAMANAKA」。2017年度から合宿施設とともにリニューアルしてキャンプ場に。サイトそのものは林間がほとんどのようですが、すぐ近くが湖なので花火鑑賞もできますね!

Lake Lodge YAMANAKAの基本情報

【住所】山梨県南都留郡山中湖村平野479

【料金(8/1)】フリーサイト3,500円、オートサイト小6,000円、オートサイト中10,000円、入場料:1回300円/1人(3歳以上)

【問い合わせ先】070-1067-1747(9:00~17:30)

 

Lake Lodge YAMANAKAさん(@lakelodge_yamanaka)がシェアした投稿

2.小田急山中湖フォレストコテージ

引用:http://www.odakyu-forest.com/

マップを見ての通り、ここは湖畔沿いにAC電源付きサイトが10ほどありますね。

ただ、湖畔沿いは道路沿いでもあるので、車の通行は気になるかもしれません。

天候次第では富士山もキレイに見えますよ!

小田急山中湖フォレストコテージの基本情報

【住所】山梨県南都留郡山中湖村平野491

【料金(8/1)】オートキャンプ湖畔A 9,500円、オートキャンプ湖畔B 8,500円

【問い合わせ先】0555-62-2171(9:00~18:00)

 

お弁当 mamiさん(@no_family_no_life)がシェアした投稿

 

3.湖山荘キャンプ場

引用:http://www.kozanso.com/haichizu.htm

ここも湖や富士山の眺望が良いことで有名。

特に湖畔側の最前列区画なんて遮るもの何もなし!

まさに花火鑑賞にバッチリ!ですね。

湖山荘キャンプ場の基本情報

【住所】山梨県南都留郡山中湖村平野508-123

【料金(8/1)】湖畔側最前列区画6,000円、それ以外の区画5,000円

【問い合わせ先】0555-62-1143(8:00~20:00)

 

kengoさん(@kengo5go5)がシェアした投稿

 

さいごに

参考になったでしょうか?

8月1日に行われる花火大会とはいえ、山中湖の標高は約980m!

気候によっては夜間は想像以上に冷え込みます。

キャンプならシングルバーナーでも用意して温かい飲み物を用意すると良いかもしれません。

もちろん、1枚羽織るものも忘れずに!

だいすけ
シンプルにビールを楽しむのも良いですけど、ヒンヤリする気候ならホットミルク&ラム酒のカクテルなんかも美味しいですよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です