【諏訪湖】全国新作花火競技大会2018!見どころや混雑状況、おすすめビューポイントは?

8月の諏訪湖祭湖上花火大会ほどじゃないけど、かなり混雑する花火大会

そう、9月の第一土曜日に行われる全国新作花火競技大会のことです^^;

諏訪湖花火のなかでも「2大花火大会」のような位置づけで言われることもあり、約18,000発の花火が打ち上げられるんですよ!

ここでは、そんな諏訪湖で行われる全国新作花火競技大会2018の基本情報混雑状況おすすめビューポイントなどについて紹介していきます!

だいすけ
カップルで行くなら事前に情報を仕入れておいて、段取り良く行動したいところですね。

 

全国新作花火競技大会2018の基本情報

【開催日】2018年9月1日(土)

【打上開始時間】19:00~20:30(予定)

【打上場所】初島花火打上場(マップ中A地点)

【アクセス】電車:JR中央本線上諏訪駅から徒歩7分、車:中央自動車道諏訪ICから諏訪湖方面へ約15分(通常時

【問い合わせ先】0266-52-2111(新作花火大会実行委員会 [(一社)諏訪観光協会] )

 

「8月の湖上花火大会とどう違うの?」って思う人もいるかもしれません(笑)が、まずは新作花火競技大会の特徴や見どころを紹介していきますよ。

全国新作花火競技大会2018の見どころは?

「競技大会」って名前がつくだけあっていろんな趣向を凝らした花火が打ち上がるのがこの花火大会の特徴。

次の動画は2017年度の優勝作品です。

だいすけ

「むすんでひらいて」って作品名の通り、外の円から内側の円と順番に光り、その後内側から今度は外側に向かって光っていくという、なんとも不思議な花火!

他では見られない花火かもしれませんね。

もちろん、競技花火だけでなくスターマインも盛りだくさん!

前半は初音ミクの「千本桜」、後半(3:00~)はRADWIMPSの「なんでもないや」がテーマ曲。

だいすけ

前半はアップテンポの曲に合わせて次々と花火が打ち上がり、後半は大きめの花火が情緒を盛り上げていますよ!

諏訪湖花火恒例(?)の水上スターマインも健在!

だいすけ
2:10~、左右の花火が重なり中央に大きな花火が打ち上がる迫力満点の「kiss of fire」。諏訪湖花火の風物詩でございます(笑)余談ですが、これを見終わると「夏が終わるなぁ」って諏訪の人は思うそうです。
だいすけ
8月15日に行われる湖上花火もそうですが、諏訪湖を囲む周りの山に反響してかとても腹に響くというか迫力がスゴイんです!是非とも一度体感して欲しいですね。

 

約18,000発が打ち上がる、諏訪湖の花火大会ラストを飾るこの全国新作花火競技大会。

見どころたくさんですが、当然当日はか・な・り混み合います^^;

次ではそんな混雑状況や交通規制について書いていきますよ。

全国新作花火競技大会2018の混雑状況、交通規制は?

8月15日に行われる湖上花火に比べると「若干」人出は少ないですが、それでも約30万人(湖上花火は約50万人)が諏訪湖周辺に集まると言われます。

諏訪市の人口が約5万人とのことなので、やはり尋常ではない混み具合ってことです(笑)

それだけに会場周辺は歩行者天国になるなど、15時からは交通規制が入ります。

2018年度の会場周辺図はこちら(クリックで拡大できます

引用:http://www.suwako-hanabi.com/shinsaku/traffics/

2018年度の会場案内図はこちら(クリックで拡大できます

引用:http://www.suwako-hanabi.com/shinsaku/traffics/

やはり大変なのは帰り!

新作花火の場合、ラストが「kiss of fire」なのでやっぱりこれを見てから帰りたい!って人も多いでしょうね。

立ち見などでこの水上スターマインが見られない位置にいるならミュージックスターマインが終わった段階で撤収するのが良ろしいかと。

水上スターマインまでしっかり見たあとに帰る場合は、、、車が動き出すまで2~3時間、駅で電車に乗るまでは1~2時間を覚悟した方が良いかもしれませんね。

 

では、混雑が予想される当日の駐車場状況についても書いていきますよ。

全国新作花火競技大会、会場周辺の駐車場は?

公式の駐車場情報や、上諏訪駅周辺駅の駐車場についてはこちらをどうぞ!

【諏訪湖】全国新作花火競技大会2018!会場周辺や周辺近隣駅の駐車場は?

2018.06.10

 

全国新作花火競技大会、電車で移動するなら?

主催者側もおすすめしている電車での移動。

そこまで混雑しないのか?と言われると、当然そんなことはありません(涙)

やっぱりキツイのが帰りの電車!

あまりの人出なので上り(茅野・小淵沢・甲府方面)と下り(岡谷・塩尻・松本方面)でそれぞれ改札口が分けられます。

引用:http://www.suwako-hanabi.com/old/shinsaku/train/index35.html

だいすけ
湖上花火と同様、ホームに人が溢れることを防ぐため入場制限がかかることも予想されるので、覚悟はしておきましょう
指定券の時間に待ち合わない!なら

もし特急などの指定券を持っているなら係員に見せることで融通してくれることもあるようです。

ダメ元で駅員さんに交渉してみましょう!

 

さて、そんな混雑が予想される新作花火競技大会、どうせ行くならキレイに見えるところで鑑賞したいですよね?

次では気になるビューポイントについて書いていきます。

全国新作花火競技大会、どこから見る?

基本的に花火なので、打ち上がったものは立ち見でも鑑賞することができます。

ただ、水上スターマインやミュージックスターマインでも湖面に上がるものなどは基本的に有料席で無いと殆ど見えません。

花火の音が殆ど聞こえない&かなり距離が離れても良いなら幾つかポイントはあります(これは後述します)が、迫力を求めるなら正直おすすめはできないですね。

ということは、残る手段は有料観覧席をゲットする!しかありません。

公式有料席&周辺商業施設の有料席についてはこちらをどうぞ!

【2018年度版】諏訪湖全国新作花火競技大会の公式&周辺施設有料席一挙紹介!おすすめは?

2018.06.11
ご近所さん
有料席は分かったけど、花火にお金をかけられないよなぁ

そうですよねぇ、私も基本的には無料で見たい人です(笑)

「遠い」「激戦区」などの理由であまりおすすめはできませんが、無料で花火を見るポイントはもちろんあります。

次ではそんな無料ビューポイントについて紹介していきますよ!

全国新作花火競技大会を無料で見るには?

会場周辺の立ち見は別として、無料で花火が見られるところは湖上花火同様こんな傾向があります。

  • 花火からかなり遠いところが多く音は後から遅れてやってくる(迫力は無い)
  • その分混雑は比較的少ないが露店も少ない(もしくは無い)
  • 近いところはかなり場所が限局されるし前日から争奪戦になることも

まあ、花火から遠い場所はそれだけ帰りの混雑が少なくなりやすいってメリットもありますけどね。

だいすけ
「なるべくお金をかけたくない!」なら参考にしてください。

  1. 間欠泉センター
  2. 立石公園
  3. 下諏訪みずべ公園
  4. 岡谷湖畔公園
  5. 百景園

※ マップ中A地点は打上場所です。

1.間欠泉センター

ここは今回挙げた5つのなかで一番花火の近くで無料で見ることが出来ます。

新作花火でのポイントは、湖上花火だと有料席となる位置が無料ビュースポットになるということ!(下図赤丸部分)

だいすけ
近年だと前日くらいから場所取りは始まるようです。無料なのでやっぱり魅力はありますよね。ただ、花火は正面ではないのでその点は覚悟しましょう。

2.立石公園

写真家たちの定番スポットって感じの立石公園。

直線距離で打上場所から1.3kmほど離れているので、花火は小さく見えるし音(迫力)は諦めましょう。

場所取りは結構当日の11時でも間に合ったって話も聞きますね。

この辺はやっぱり湖上花火よりは混雑しないってことでしょうか。

3.下諏訪みずべ公園

引用:https://ameblo.jp/satoagg/entry-10336833464.html

迫力は無いもののキレイに見えると定評のあるスポット。

駐車場の台数が少なく厳しいので、歩いていける範囲に停める工夫が必要です。

近いのはやはりイオン諏訪店、ここに停めて公園で鑑賞ってパターンですね。

4.岡谷湖畔公園

下諏訪みずべ公園よりさらに花火から遠ざかります。

殆ど打上場所の真反対に位置する岡谷湖畔公園。

それだけに花火が相当小さいことは覚悟しましょう。

その分、塩尻・松本方面に向かうなら帰りの渋滞には巻き込まれにくいですけどね。

5.百景園(ヨットハーバー隣)

ヨットハーバーが有料駐車場になります。

湖上花火大会だと前日から気合を入れて車を停めるところですが、新作花火の場合そこまでの混雑は無いようです。

こちらも間欠泉センターと同じく正面に花火が打ち上げられるわけではないので、そのつもりで。

 

さいごに

数年前までは「新作花火はそこまで混まないよ」って言われてた気がするのですが、ここ数年はかなりの混雑具合の花火大会に成長(?)しましたね(涙)

それだけ、魅力のある花火大会ってことも言えるのでしょうけど。

諏訪湖は標高約750mあるので、9月1日といっても夕方以降は結構冷え込んだりします。(諏訪ではお盆を過ぎると秋になるっていう・・・)

出かけるなら温度調整ができるように上に羽織れるものは必ず持っていきしょう!

では、諏訪湖花火のラストを飾る全国新作花火競技大会、是非楽しんで来てください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です