八ヶ岳開山祭2018in赤岳!混雑度や今年のピンバッジは?

だいすけ妻
今年のピンバッジの花は何かな?

八ヶ岳に登山シーズン到来を告げる恒例の開山祭!

今年は6月3日に開催されました。

そんな開山祭(赤岳の)に行ってきたので、当日の混雑状況や記念品について書いていきますよ。

だいすけ
残雪の様子や駐車場の状況もお伝えします!

 

八ヶ岳の開山祭って?

八ヶ岳に限りませんが、6月くらいになるとあちこちの山で開山祭や山開きが行われたりします。本格的な山登りシーズンを前に登山者の安全を祈ったりする神事ですね。

八ヶ岳の開山祭は大きく2箇所、赤岳と北横岳で行われます。他にも阿弥陀岳などでもありますけどね、

例年6月の第1日曜日が八ヶ岳開山祭の実施日なんです。

勘違いする人もいますが、別にこのイベントが終わらないと山小屋が開かないとか、登山できないとか、そんなことはありません。

ただ、標高3,000m近くのお山は5~6月頃でも残雪があったりするので、場所によっては軽アイゼンなどの装備が必要かも?

だいすけ
八ヶ岳の山小屋は通年営業(真冬でも!)しているところもありますし、ゴールデンウィーク頃には大体オープンとなります。

 

八ヶ岳の開山祭(赤岳)、当日の混雑状況は?

ちなみに、今回通ったルートは・・・

美濃戸口~赤岳山荘~行者小屋~阿弥陀岳~中岳~赤岳~地蔵尾根~行者小屋~赤岳山荘~美濃戸口

こんなルートです。では、参考にどうぞ!

当日美濃戸口(八ヶ岳山荘)に着いたのが5時過ぎ。この時間でもかなり駐車場は満車に近い!

というか、皆さん山小屋泊で前日から停めている人が多いのでしょうね。

やっぱり赤岳の開山祭って人気なんだな~って呑気に考えてたのですが、そこから約1時間の赤岳山荘に到着すると更に車だらけ!!

確かにこの駐車場に停めれば往復2時間くらいは短縮できますもんね。

それにしても、もう車を停める場所が無い・・・。

行者小屋もこの盛況ぶり♪

テント場はこんな感じ。

この日は行者小屋から阿弥陀岳に向かったのですが、途中にはまだ残雪が。

画像には写していませんが、阿弥陀岳山頂にもかなりの人がいましたよ。

後から知ったのですが、この日は阿弥陀岳でも開山祭が11時からあって、事前に原村観光連盟(0266-79-7072)に予約を入れれば先着100名に記念オルゴールが配られたそうな!

ほ、ほしかった~(涙)

気を取り直して中岳から赤岳に向かいます。

うはっMt.FUJI!

文三郎尾根もこの盛況ぶり

なんだかんだで赤岳山頂に到着したのが11時ごろ。

もう既にかなりの人で山頂付近が埋まってましたよ。

 

八ヶ岳の開山祭、今年のバッチは・・・

赤岳山頂で昼ごはんを食べているとこんなアナウンスが。

「11時30分から開山祭の式次第を山小屋の前で配ります。式次第は記念品の引換券になります。」

急いで山小屋に向かわなければ!!

記念品目当てで来ている人も多いので、赤岳展望荘の前には人だかりが!

なんとか式次第をゲット。

でも、あの狭い山頂付近に人が集まってしまうので、かなり危ないですね^^;

赤岳展望荘から赤岳山頂付近にも人がかなり居たので、滑落しないように注意が必要・・・。

この辺は式次第を配る場所を複数箇所に分けるなどの工夫があれば良かったかな?

さて、開山祭自体は約1時間ほど。結局下山スタートは13時ごろ。

うーん、早く下山しなければ^^;

考えることはみんな一緒で地蔵尾根方面に向かう人の列が(涙)

それでも、赤岳展望荘で待望の記念品を無事ゲット!!

どうも、文三郎尾根の方でも記念品は配られていたようですよ。

今年のピンバッジのお花は「イワセントウソウ」。

なんとも可愛いお花です♪

結局下山できたのは16時30分すぎ。

はい、明日(明後日?)は筋肉痛確定です♪

 

さいごに

八ヶ岳(赤岳)の開山祭、なんとなく雰囲気は伝わったでしょうか。

さすがに神事のところは写真撮ってませんが^^;

「赤岳の開山祭、興味あるけどまだ行ったことないんだよなぁ」ってアナタ!是非参考にどうぞ。

だいすけ
来年は区切りの65回開山祭になりますね

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です