付け合わせのパセリは食べる?食べない?マナー的には?効能や農薬の話も調べてみたよ!

~ レストランにて ~

だいすけ妻
(小声で)ちょっと!付け合わせのパセリまで食べるの止めてよ!
だいすけ
え、なんで?パセリ結構好きなんだけど・・・。
だいすけ
みっともないし。大体それって食べるものじゃないでしょ!?

以前食べに行ったときの実話です^^;

アナタも経験ありますか?

素朴な疑問なんですけど、付け合わせのパセリって食べる派もいれば食べない派もいたりして、なかなか意見が分かれるところですよね。

だいすけ
私は結構好きで食べるんですけどね。

ここでは、そんな付け合わせのパセリ、食べるべき?食べないべき?マナー的にはどうなのか?パセリの効能や農薬のお話なんかを徹底調査していきます!

 

付け合わせのパセリ、食べる派と食べない派の割合は?

まず疑問なのが「みんなはパセリを食べるのか?」ってこと。

自分が多数派か少数派かは結構気になるところですよね?

そんなわけで、各種調査結果を集めてみました。

調査1

引用:https://gakumado.mynavi.jp/freshers/articles/11974

これは社会人542人を対象にしたアンケート結果。

「食べない派」優勢ですね。

調査2

引用:http://www.tfm.co.jp/abe/answer/surveydata_s8.php?id=414

これもサラリーマンを対象にした調査結果。

お、ここでは「食べる派」優勢です!

私としてはちょっと意外な結果でした(笑)

調査3

これはツイッターで出ていた調査結果。

ミントの話と結果が混じっていますが、やっぱり「食べない派」優勢。

 

調査にも寄りますが、やっぱり「食べない派」優勢でしょうか。

それぞれの言い分も調べてみましたよ。

食べる派の言い分

  • 普通に美味しい
  • 習慣だから食べる
  • 出されたものは食べないと失礼
  • 栄養があるから
  • 料理の味のアクセントになる

食べない派の言い分

  • ただの飾り
  • 美味しくない(苦い)
  • 身内以外との外食時は食べない(見栄)
  • 草はムリ
  • 使いまわしてるかもだから食べない

 

やっぱりそれぞれに言い分があるご様子。

個人的には「草はムリ」がストレートで好きですね(笑)

ではでは、答えは無いのかもしれませんが、マナー的にはどうなのか?ってところを調べましたよ。

付け合わせのパセリ、マナー的には食べるべき?食べないべき?

結論から言うと、「食べても良いし、無理に食べなくても良い」が正解!

身も蓋もないような結論ですが、そもそもマナーってこんな意味らしいです。

「他者を気遣う」という気持ちを所作として形式化し、わかりやすくしたものが形式としてのマナーである(引用:ウィキペディア)

公共の場でお互いが不快な気持ちにならないような気遣いのことを指すのですね。

なので、「〇〇しなければいけない!」というルール的なものでは無い、ということ。

まあ、きらいなものを無理やり食べるのも拷問に近いような・・・。

逆にパセリが好きな人でも、明らかに使いまわしのシワシワのパセリなんか食べたくないですよね?

その辺は臨機応変にってとこです。

 

さて、ここまでパセリを食べる派の割合やマナーを見てきました。

ここで素朴な疑問は、パセリにはどんな効能があるの?ってこと

次ではその辺について調べてみましたよ。

パセリの効能は?

調べてみるとパセリって以下の栄養素の含有量が野菜のなかでもトップクラスなんだそうですね。

  • β-カロテン(野菜平均の4.5倍)
  • ビタミンC(野菜平均の3.6倍)
  • ビタミンK(ルッコラの4倍)
  • カルシウム(乾燥ワカメの1.6倍)
  • カリウム(野菜平均の2.7倍)
  • マグネシウム(青汁の1.8倍)
  • 鉄分(野菜平均の8.3倍)

この他にも、ビタミンB1やビタミンB2、ビタミンE、亜鉛などの栄養素があの緑色の野菜のなかに収まっているそうな!

これらの栄養素が入っていることでいろんな効能があるようですよ。

  • 殺菌作用
  • 口臭を抑える効果(消臭効果)
  • 抗酸化作用
  • 美肌効果
  • 貧血予防
  • 整腸作用

私は専門家では無いのでこの点について詳しくは書きませんが、それだけの栄養素が含まれていれば納得って感じですね。

頑張ってパセリ食べなければ!って思わされます(笑)

でも、パセリって心配なのは次のようなお話。

そう、

残留農薬ってシソが有名ですが、パセリもやっぱりそんな話があるんですね。

次ではその辺について書いていきますよ。

パセリって農薬が残ってるの?

パセリもヨーロッパ原産で、害虫が発生しやすい。収穫期間は長く、パセリを収穫するたびに茎を傷つけるので、その間に雨があたると病気が発生しやすい。そこで、さまざまな殺菌剤を散布し、それが残留して、良く検出されるのだ。(引用:新食べるな危険!より)

成書の内容なので、信憑性は高いかと。

他にもシソ、セロリは残留農薬が残りやすい野菜のトップ3なんだそうな。

じゃあ、どうするか?

同じ本では次のように書いてました。

シソやパセリは、自宅で簡単に作ることができる。庭に植えるなら、シソの種を4月に、パセリの種を6月にまいておけば自然に生えてくる。庭よりも階上の窓辺やマンションのベランダで、ポットで栽培する方が虫がつきにくい。セロリは、自宅での栽培はムリだ。(引用:新食べるな危険!より)

最後の言い切り方(笑)セロリは悲惨・・・。

やっぱり自分で育てるのが一番ってことですね。

 

さいごに

参考になったでしょうか?

意外(?)にパセリってスゴイ食べ物なんですね。

ただ、レストランなどで見栄えを良くするために農薬いっぱいのパセリを食べるのはマナー云々の前に考えた方が良さそうです。

お店によっては有機野菜に拘るところもあるので、そういうお店なら気にせず食べられるのでしょうね。

私は農薬って気にせず食べてました・・・。

アナタもこれからパセリを見かけたら気にしてみてはいかが?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です