河口湖湖上祭2018!見どころや無料駐車場情報、ビューポイントは?

8月頭に行われる富士五湖夏祭りで最大規模の花火大会!

そう、「河口湖湖上祭」です!

富士五湖で行われる他の花火大会と比べて、打上数(約1万発)、動員数(約12万人)ともに随一の規模を誇ります。

それだけに、見応えのある花火大会になっていますよ♪

ここでは、そんな河口湖湖上祭2018の見どころや駐車場情報、ビューポイントなどについて書いていきますよ。

 

河口湖湖上祭2018の基本情報

【スケジュール(予定)】
 2018年8月4日(土)
  19:00~19:50 よさこいソーラン踊り、20:00~20:15 前夜祭打上げ花火
 2018年8月5日(日)
  13:00~19:00(予定) 湖上祭特別ライブ(15:30~16:15休演予定)、19:45~21:00 大・花火大会
  ※ イベントは予定なので、変更の可能性はあります。

【打ち上げ場所】河口湖船津浜湖畔

【問い合わせ先】0555-76-8300(河口湖観光協会

【アクセス】車:中央道河口湖ICから7km(交通規制あり)、電車:富士急行河口湖駅から徒歩15分

 

ザックリといた湖上祭の基本情報はOKでしょうか?

次ではこの河口湖湖上祭の見どころを紹介していきます!

河口湖湖上祭2018の見どころは?

何と言っても、富士五湖で行われる花火大会のなかでも最大規模ってことですね。

動画を見た方が早いと思うので、まずはチェックしてみてください♪

だいすけ

色鮮やかな花火(0:40~)あり、早打ち(2:10~)あり、大玉(2:40~)あり、水上花火(5:57~)あり、色んな種類の花火が次々とあがってます!

6:20~のフィナーレは見応え十分!ですよ。

2017年度の打ち上げ花火プログラムはこんな感じです。(クリックで拡大します。

引用:2017年湖上祭パンフレットより

  • 早打ち花火
  • 花火コンクール
  • 特大スターマイン
  • ミュージカルスターマイン
  • 孔雀花火
  • フィナーレスターマイン

などなど、色んな種類の花火が用意されてますよね?

富士五湖夏祭り有終の美を楽しみたいものです♪

 

Any(エニー)さん(@anyany53)がシェアした投稿

 

湖上祭の露店は?

花火大会の楽しみといえば、やっぱり露店!

露店が出ない年度もありましたが、過去にはこんな感じで出店がありました。

 

Kanako Satoさん(@shuaois)がシェアした投稿

 

konnichiwaさん(@toshikatsu37)がシェアした投稿

だいすけ
2018年度も楽しみですね!

 

富士五湖の花火大会ではかなり規模の大きなこの湖上祭。

車で行く場合、駐車場が問題ですよね。

当然、当日は交通規制も行われるので、それも考えないといけません。

そんなわけで、次では河口湖湖上祭の交通規制情報、駐車場情報について書いていきますよ!

 

河口湖湖上祭2018の交通規制&駐車場情報

2017年度の交通規制&駐車場情報がこちら。(クリックで拡大します。

引用:湖上祭パンフレットより

17時には規制が始まりますが、良いポイントで花火を見るにはもっと早めの時間に移動した方が無難ですね。

ライブイベントも大池公園で予定されているので、午前中に移動を済ましておきたいところです

 

駐車場はどこに停めるのが良い?

やはり一番メインとなるのは大池公園駐車場(100台)とその周辺でしょうけど、この辺りの駐車場は時間になると当然混みますよね。

また、花火の終わる時間は決まってるので、みんな一斉に帰ろうとして渋滞すること受け合い。

なので、帰りのことも考えるとちょっと遠目の駐車場に停めて大池公園付近まで歩くってのも1つの手ではあります。

ちなみに、大池公園まで1km~1.5kmくらいまででそこそこ駐車台数のある駐車場はこんな感じ。

  • 湖南中駐車場(250台)大池公園まで1.2km、徒歩16分
  • 小立小駐車場(200台)大池公園まで1.5km、徒歩20分
  • ミューズ館駐車場(90台)大池公園まで1.1km、徒歩14分

別に大池公園を目指す必要は無いのですが(笑)、少し離れて花火を楽しむにはこの近辺には繰り出したいところですね。

逆に、「帰りが遅くなっても良いから間近で花火を楽しみたい!」って人は警護本部のある付近の駐車場(図中A~C、16:00より駐車禁止)を早い時間から目指すのもアリでしょう。

だいすけ

コンビニも近くにありますよ!

 

電車で行くのもアリ!?

さすが富士五湖最大級の花火大会だけあって夕方の会場付近はかなり混み合います。

メイン会場付近の駐車場に停めるにはやっぱり午前中には現地到着しておきたいところ。

でも、他の予定なんかでどうしても午前中に会場付近は時間的にムリ!ってケースもあるでしょう。

そんなときおすすめは富士急沿線の都留や大月の駅付近に車を停めてそこから電車で移動するってパターン。

特に花火終了後の道はめちゃくちゃ混雑するので、そんな渋滞を横目に駅まで歩くのもよろしいかと(笑)

 

さて、この河口湖湖上祭、有料観覧席はなくどこからでも自由に見ることができるのもポイントの1つ。

それだけにビューポイント選びは重要ですね。

次では、そんな河口湖湖上祭花火のビューポイントについて考えていきますよ!

河口湖湖上祭の花火はどこから見る?

ここでは3つのビューポイントを挙げてみました。

1.大池公園

冬花火でもメイン会場となる公園。

湖上祭の中心部からは少し離れますが、花火のビューポイントとしては良いのでは?

5日はこの公園でライブも予定されているので花火の前に楽しむこともできそうですよ。

 

2.産屋ヶ崎

まあ、いわゆる1つのテッパンスポット。

特にカメラマン御用達ポイントですね。

位置関係的に花火の向こうに富士山があるのが最大の特徴でしょう。

でもここ、駐車場が20台ほどしかありません^^;

帰りのことを考えてもここの駐車場を朝から頑張って取ることはオススメできません。

ここから花火を眺めるなら、他で車を停めて徒歩、ですね。

 

3.天上山公園

湖上祭の期間中、延長営業をしてくれるカチカチ山ロープウェイで登った先にある公園。

河口湖を眼下に見下ろすことができるんです!

見上げることはあっても、高い位置から見る花火ってあんまり経験なくないですか?

そんなシチュエーション(?)が叶うポイントなんです。

 

さいごに

参考になったでしょうか?

この湖上祭が終わると暦のうえでは「立秋」。

まだ、秋というには早いかもしれませんが、夏の一区切りって感じですね。

諏訪湖の花火大会もそうですけど、標高の高いところはお盆を過ぎるともう秋なので、夏の最後を飾る花火って雰囲気でもあります。

河口湖の夏、最後の花火をアナタは誰と見にいきますか!?

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です