キャンプの荷物を減らすには?我が家が実践するポイント7選

キャンプ楽しんでますか!?

キャンプにハマりだすと出てくる問題・・・。

そう、持っていきたい(買いたい)キャンプグッズの無限増殖(笑)

  • もう1つサイドテーブルあったら便利だろうな
  • ケトルあったほうが風情あるよね
  • 燻製もしたいし焚き火をもしたい、BBQも・・・

誰かが言ってました。

『キャンプは見栄と欲で荷物が増える』

ほんとその通り(涙)

まあ、とはいえ極限まで荷物を削ぎ落とすのはサバイバル風を楽しみたい人は別としてあまりおすすめ出来ません。

オートキャンプ場に行く時点でそこまでの不便は楽しみたくないってことですしね。

そんなこんなで、ここではキャンプの荷物を減らすにはどうしたら良いのか?についてキャンプ歴15年の管理人が実践していることを紹介していきますよ。

だいすけ
買い換える以外で今回は考えてみました!

 

 

キャンプ歴15年の我が家が実践する荷物を減らすポイント7選

本当はね、荷物を減らすのに手っ取り早いのはコンパクトな道具に買い換えるってことだと思うんです。

特にシュラフなんてダウンの山登りにも使えるものに変えればその効果は絶大!

ですが、かかる費用も絶大!ですよね^^;

「せっかく買った道具なのに、そんな簡単に買い換えられないよ」ってこともあるでしょう。

私もお財布事情は厳しいのでその気持ちはよ~く分かります!

そんなわけで、ここでは「高い道具を買い換える」ってのは省いています。

具体的に挙げるポイントは次の7つ

  1. アウトドア用のクッカーセットはやっぱり便利!
  2. コンテナとクーラーボックスは物置に使える
  3. 防寒具は兼用できないかを考える
  4. BBQコンロと焚き火台、両方は要らない
  5. 折り畳めないものは場所を取る
  6. ツーバーナーは用途を考える
  7. ウォータージャグは折り畳めるものでOK

順番に説明していきますよ!

1.アウトドア用のクッカーセットはやっぱり便利!

引用:http://hisane1.naturum.ne.jp/e815304.html

我が家が使っているクッカーはこちら

フランパンからお鍋、ザルからライスクッカー付き!

アウトドア用のクッカーはどれでもそうですが、スタッキング(積み重ね)が出来るのでコンパクトになるのが良いですね。

このクッカーセットは15年くらい前に購入しましたが今も現役活躍中!

これが家で使っているものを持っていくとなると積み重ねが難しい分かさばってしまいます。

もし、家で使っているフライパンや鍋をそのまま持っていってるなら検討の余地あり!だと思います。

 

2.コンテナとクーラーボックスは物置やイス代わりに使える

引用:https://www.muji.net/store/pc/user/homewares/comfort/vol003.html

我が家が使っているコンテナはこちら。

ド定番のコンテナでございます(笑)

これかなりしっかりしていて、大人が座っても全然大丈夫な代物。

もちろん、ちょっとしたテーブルや物置代わりにも使えます。

うちの場合は焚き火に使う薪や炭の入ったダンボールなど、「テーブルに置くほどでも無いけど、地面に置いといて湿っても困る」ようなものの置き場所になってます。

クーラーボックスもハードタイプのしっかりしたものはちょっとした物置として活用可能。

棚を別に持っていくことを考えれば荷物の軽減になりますよ!

【キャンプ】おすすめのクーラーボックスランキング!必要な容量は?

2018.02.28

 

3.防寒具は兼用できないかを考える

これは山登りでも同様ですが、レインウェアは防寒着(防風も兼ねる)としても使用します。

雨対策にレインウェア、防寒着にフリース、など目的別に服を用意してしまうとそれだけ荷物が増えてしまいますよね。

私の場合、レインウェア(モンベル)とユニクロのウルトラライトダウンで大体の状況は凌ぎます。

もちろん、雨が降ってもレインウェアなので大丈夫!

同様にシュラフに入るときにも毛布を用意するのではなく、先程のダウンウェアを着て寝ることで荷物の軽減に繋がりますよ。

 

4.BBQコンロと焚き火台、両方は要らない

BBQコンロは焚き火台より炭火焼きに向いてますし、焚き火台はBBQコンロよりキレイに火を見ることができます。

まあ、どっちも専用の道具なので当たり前といえばそれまでですが、余程拘りがあるのでなければBBQと焚き火はどちらか1つで無問題です。

BBQコンロは高さが40cmほどに調整できるタイプじゃないとダメ

うちの場合は焚き火台買うまではBBQコンロと使ってましたが、焚き火台購入後はBBQコンロを持っていかなくなりました。

もちろん、炭火焼きも焚き火もこれ1つで間に合ってますよ!

キャンプに焚き火台って必要?おすすめランキングは実はこれ!

2018.03.04

【スノーピークの焚き火台】Lサイズを購入した理由、使い勝手は?

2018.02.13

 

5.折り畳めないものは場所を取る

「何を当たり前な」って話ですけど、キャンプ用品のなかには意外と折り畳めないものもあるんですよね。

例えば、スモーカーや火おこし器。

特にスモーカーは折り畳めないことによるメリットもあって、煙が逃げにくくしっかりスモークできたりします。折り畳みタイプより安定しますしね。

それでも、本格的な燻製を楽しむのでなければ、折り畳み可能なタイプでもそこまで問題ないですし、うちもずっと折り畳みタイプを使ってます。

火おこし器も同様にコンパクトになるタイプを使用中。

もし、これから購入を考えているならこんなグッズがおすすめですよ!

だいすけ

特にユニフレームの火おこし器はめちゃくちゃ便利!これがあれば炭の火熾しはもう出来たも同然(笑)

炭火焼きがとても身近なものになりますよ!

【バーベキュー】炭の火おこしの方法ランキング!炭を扱う際のポイントも紹介!

2018.02.11

 

6.ツーバーナーは用途を考える

なんとなく買ってしまうものの1つ「ツーバーナー」(笑)

あれば恰好が付きますし、「まあ、あれば便利だから」って感じで持っていきません?

ただ、これも場所を取るものの1つでもありますよね。

まず考えたいのは、『今回のキャンプでどんな料理をつくる予定があるのか?』ということ。

晩ごはんは炭火焼きだし、朝ごはんはお湯を沸かしてペーコンと卵を焼くくらいなら敢えてツーバーナーじゃなくても、って感じです。

カセットコンロやシングルバーナーで代用可能ならここも荷物の軽減ができますよ!

だいすけ
うちもツーバーナーは2泊以上のキャンプで燻製やご飯物(パエリアなど)を作る予定のあるときに持っていきます。

キャンプにツーバーナーは必要?献立例も紹介するよ!

2018.03.11

 

7.ウォータージャグは折り畳めるものでOK

これもオシャレサイトには結構置いてあるグッズだったりします。

例えばこんなの。

確かに1つあればサイトの雰囲気はガラッと変わる代物ですが、問題は「ウォータージャグ」ってそんなに使うのか?ということ。

余程広いキャンプ場でもなければ炊事場に行くのってそんなに苦労することじゃないと思うんですよね。

ちなみに我が家のウォータージャグはこんなの。

アルペンかどっかでで600円くらいで買った記憶が(笑)

私はあんまりこの容器のなかに入れた水を飲用に使おうとは思いませんし、用途はちょっと手を洗いたいときくらい。

それならこのサイズでも十分なんですよね。

飲み物は別にクーラーボックスに用意してますし。

もし、大きく嵩張るウォータージャグをお持ちなら一度使いみちを検討してみては如何?

キャンプの洗い物ってどうしてる?バケツやカゴは必要?

2018.03.02

 

さいごに

参考になったでしょうか?

ほんとキャンプは物欲と見栄との闘いって側面もありますよね^^;

まあ、趣味なのであんまりストイックに考えても楽しめないとも思うので、その辺はバランスが必要でもありそうです。

まあ、偉そうなことは我が家も言えません^^;

物欲との闘いは今現在も続いているので!

「拘りたい」部分と「なんとなく便利そうだから」って部分を上手く切り分けて本当に必要な荷物を持っていくようにしたいところですね。

 

キャンプの持ち物チェックリストはコチラ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です