家計を節約したい!借り換えで住宅ローンは減らせるか?

だいすけ

う~ん、生活が苦しい(汗)。
なんとか家計を節約出来ないものか・・・。
収入は一向に増えないし、支出を減らすしか・・・。
一番大きいのは、やっぱり住宅ローンだよなぁ。
住宅ローンの借り換えって大変そう・・・。
でも、借り換えが成功したら節約効果も大きそうだしなぁ。

こんな感じで我が家の住宅ローン借り換え作戦はなんとなく始まりました。

一般的には、次のような手順で住宅ローンの借り換えは行われていきますね。

※ 今借りているところ:「銀行A」、借り換え先:「銀行B」とします。

  1. 銀行Bへ「事前審査(仮審査)」の申し込み
  2. 「事前審査(仮審査)」を通過すれば「本審査」の申し込み
  3. 「本審査」を通過すれば銀行Aへ一括返済の申し込み
  4. 銀行Bへ「本申し込み」を実施
  5. 借り換えの実行
  6. 銀行Bへの返済スタート

そして、借り換えのメリットがあると言われるのは以下のケース。

  • 残金1000万以上
  • 残期間10年以上
  • 金利差が1%以上

我が家の場合は、今借りているのが10年固定・金利1.35%なので、「金利差が1%以上」となると0.35%と、ちょっと考えにくい金利になりますね(汗)

でもまあ、ものは試しで他の銀行を検討してみました。

検討するだけならタダですしね。

結局、シミュレーション前には考えもしなかった事前審査まで申し込むことになりました(汗)

その辺の経緯も書いていきますね。

まずは住宅ローン借り換えシミュレーションをやってみる

何はともあれ、シミュレーションしてみないことには何も始まりませんよね。

と、いうわけでネット銀行などの金利をまとめて比較できるサイトで調べてみることに。

価格.com 住宅ローン借り換えシミュレーション

今借りている銀行の借り入れ計画表をもとに、次の情報を打ち込んでいきます。

  • 元金の残高
  • ボーナス返済額
  • 返済完了年・月
  • 金利タイプ(変動、固定など)
  • 今借りている金利、それがいつまでか
  • 金利変動予想
  • 住んでいる都道府県
  • 年収(任意)

検索をかけると200件近いプランが出てきましたよ。

でも、これは変動も固定も全て含まれています。私は変動金利は考えていないので、固定10年~14年のものに絞り込みました。

すると、25件のプランが対象に。

※上の画像は最近再検索をかけた結果の一部です。

目を引くのは、固定10年でも金利0.6~0.7%台のプランがあること!

流石に金利差が1%以上とはなりませんが、それでも今の金利の半分くらい!ですよ。

 

住宅ローンの借り換え効果はどのくらい?

検索結果で一番金利の低かったりそな銀行でシミュレーション結果の詳細をみてみます。

まず、思うのは諸費用って高いデスネ!

60万円以上の諸費用がかかっています。

そのうち事務手数料(銀行の儲け分ですよね?)は約40万円・・・。

まあ、そりゃあ商売ですもんね。儲けが無いとね(汗)

それでも、トータルの支払い額で見ると諸費用分を差し引いても約60万円得をする、という計算結果に。

だいすけ
う~ん、諸費用がバカ高いのは釈然としないけど、60万円得をするなら車の頭金くらいにはなるな。

でも、それって30年後の話だよなぁ

こんな感じで迷っていたのですが、結局我が家はこのりそな銀行に事前審査を申し込んでみることにしました。

その理由は、

  • こんな低い金利で10年固定が借りられるのも今だけかもしれない
  • 月々の返済額が6千円カットできるという試算結果
  • 今の銀行に交渉するにも他行の事前審査結果は必要、という情報

こんなところでしょうか。

そんなこんなで、家計を節約したい一心で始めた住宅ローンのシミュレーションは、結局事前審査の段階へ。

 

りそな銀行の事前審査に申し込んでみる

ネットで結構簡単に申し込めるもんですね。事前審査って。

  • 基本的な個人情報(名前、住所、連絡先など)
  • 勤務先に関する情報(会社名、勤続年数、年収など)
  • 土地・建物に関する情報(面積、構造、建築年月日など)
  • 資金計画(借り入れ希望額、借り入れ期間など)

入力したのはこんな内容です。

そして、「事前審査を申し込む」ボタンをクリック!

家を建てる際、銀行に住宅ローンを申し込んだときには色んな書類を用意しないといけなくて大変だったので、結構簡単に申し込めるんだなという印象でした。

まあ、「事前」審査だからでしょうけどね(汗)

この後、銀行から電話がかかってくるということで、しばし待機。

で、銀行から電話があって、事前審査結果が出たのですが、考えていたのとちょっと違う方向になりました。

この辺は次回で報告しますね。

家計は節約出来るのか?住宅ローン借り換え事前審査の意外な結果とは?

2017.11.10

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です