信州ワインサミットin松本2018!ワイン好きなら是非!泊まるならどこ?

だいすけ妻
今年も松本であのワインのイベントやるみたいよ!
だいすけ
(ワインになるとやたらテンション上がるよなぁ、この人)

信州・松本パルコ近くの公園で毎年行われているワインの祭典、「信州ワインサミットin松本」。

毎年多くの入場者で賑わう、信州ワインの祭典です!

ここでは、そんな信州ワインサミットin松本について、基本情報やイベントの魅力、周辺の宿泊情報についても紹介していきますよ。

だいすけ
飲み過ぎないようにご注意を(笑)

 

信州ワインサミットin松本2018の基本情報

【開催期間】2018年6月1日(金)~10日(日)

【開催時間】平日17:00~21:00、土日11:00~21:00

【会場】花時計公園(松本パルコ南側)

【料金】入場無料(飲食代別途)

【問い合わせ先】090-3587-9626(松本オクトーバーフェスト実行委員会) ※ 平日17時まで

さて、今年で5回目を迎える信州ワインサミットin松本。

ハッキリ言ってワイン好きにはたまらないイベントだと思います!(笑)

そんな信州ワインサミットin松本の魅力を次では紹介していきますよ。

信州ワインサミットin松本2018、5つの魅力とは?

まず会場の雰囲気は次の画像たちを見てみてください。

 

木霊さん(@kodama101516)がシェアした投稿

 

masamaru0103さん(@masamaru0103)がシェアした投稿

 

Himerinさん(@himerinnn)がシェアした投稿

どうです?楽しそうでしょ(笑)

では具体的にこのイベントの魅力を5つ挙げていきますよ。

1.気になるワインが少しずつ飲める!

個人的にはやっぱりこれが一番大きいですよ。

ワインってご存知の通り、一旦コルクを抜くとだんだん味も劣化しますし、少量って言ってもせいぜいハーフボトルくらいでしか売ってないから、「少しずつ色んなワインを飲む」ってのが出来ないんですよね。

しかも国産ワインって、チリ産とかと違って1本1本のお値段がお高い・・・(涙)

その点、このイベントなら取り扱うワインの銘柄は約120種類!

提供しているワイナリーも約40!

しかもしかも、提供価格は60mlで3・400円~とかなりお求めやすい!(笑)

ちなみに次の画像は2017年度のワインリスト一覧です。

引用:松本オクトーバーフェスト実行委員会HP

スパークリングワインから赤白ワイン、デザートワインまで、もう何も言うことは無いくらいの品揃え!

人気のワインなんかは早い段階で無くなってしまうようなので、お目当てのワインが見つかったらお早目に!

 

2.ソムリエによるアドバイス&音楽付き!

120種類もあったら、どのワインを選んだら良いか分からない!

ってなりますよね。

私もワインは好きですが詳しくないので、もし自分で勝手に選ぶとしたら知ってるワイナリーのものを中心に頼んでしまいそう・・・。

でも、それだと全然幅も広がらないし、自分にピッタリのワインに巡り合えませんよね。

そんななか、このイベントではソムリエさんからアドバイスを貰うことができるんです!

これなら普段自分の飲んでいるワインの種類(銘柄、ブドウ品種など)を伝えることでおすすめワインも言ってもらえそう♬

そのワインに合う料理なんかもアドバイスもらえますよ。

 

しかも、会場はJAZZやクラシックの生演奏までついてくる時間帯も!

こんな至れり尽くせりで良いんでしょうか(笑)

 

3.しかもワイングラスは名門ブランド「リーデル」!

このイベントでは一旦グラス代金を払っておいて、グラスを返却する際に返金してもらう仕組み。

実質グラスにかかるお値段はゼロなんですが、このワイングラスはなんと「リーデル社」製!

オーストリアに本社を置く老舗の高級ワイングラスメーカーなんです。

プロにも愛用されるというメーカーのグラスで乾杯なんて贅沢ですよね~。

だいすけ
酔っぱらって割らないように注意しないといけませんよ(汗)

 

4.地ビールやソフトドリンクもスタンバイ!

 

Kaorinnさん(@3kaorioka.13)がシェアした投稿

ワインサミットだけにメインとなるのはワインですが、他にも地ビール(穂高ビール)やカクテル、ソフトドリンクもラインナップ!

実際会場には子連れで来ている人もいるくらい(笑)

2017年度は信州産の100%フルーツジュースなんかも売ってましたよ。

私のような、「ワイン好きだけど、最初の1パイはやっぱりビールが欲しい!」って人にもおすすめですね。

もちろん、ビールにも合う料理もたくさんありますよ!

 

5.もちろん料理も充実!

さて、気になるお料理ですが、これまたかなりの充実ぶり!

「どうせ、お祭り価格でお高いんじゃないの?」って思うかもしれませんね。

私もそんな風に思うクチです(笑)

まあ、確かに「かなり安い!」とは思いませんが、ボリュームとお値段を考えれば全然アリかな?と思いました。

2017年度の例で言うと、

  • イベリコ豚肩ロースグリル 1,000円
  • オマール海老テールのグリル 900円
  • 長野県産チーズの盛り合わせ 1,000円
  • タコとオリーブ・ひよこ豆のマリネ 600円
  • ゴルゴンゾーラチーズのペンネ 1,000円

などなど。

そんなお祭り価格じゃないでしょ?

お店に食べに行っても最低これくらいはしますからね。

ボリュームは以下の画像を参考にしてみてください。(上記の価格とは関係はありません

 

にっし〜さん(@nissya_mo)がシェアした投稿

 

うーみーさん(@uu_miii)がシェアした投稿

 

ayaさん(@appi73)がシェアした投稿

結構なボリュームありますよね?

安心して余計に頼みすぎるというワナにはご注意を(笑)

 

さて、そんな至れり尽くせりの信州ワインサミットin松本。

問題なのは、お酒のイベントなので飲んだ後に運転できないんですよね。

次ではそんな飲んだ後、について書いていきますよ。

 

 

ワインをいっぱい楽しんだら、どうやって帰る?

  • 飲んでない人に運転してもらう
  • 歩いて帰る
  • 電車で移動する
  • 松本市内に泊まる

歩いていける範囲に住んでいる人はホント羨ましい!(羨)

飲まない人が同行してくれる人もホント羨ましい!(羨羨)

電車で移動するって行っても、確かに会場から松本駅までは徒歩10分以内ですが、自宅の最寄駅から自宅までが遠いならそれまた問題ですよね。

そんなわけでここでは松本市内に1泊するプランを考えてみます。

ここで考えたお宿の条件はこんな感じです。

  • 晩御飯はいらないので朝食付きか素泊まりプラン
  • 会場から徒歩圏内
  • 温泉にはこだわらない

ここでは2つほどホテルを紹介しますよ。

※ 表示している価格は記事作成時点の「じゃらん」でのものです。時期や予約サイトによって価格は変動すると思われますので、ご承知おきください。

1.リッチモンドホテル松本(花時計公園から徒歩3分)

有名どころですね。立地条件はバッチリ!ベッドもシモンズ社製!朝ごはんはアリでもナシでもOK!

口コミを見てもそんなに悪く書いてる人は少ないです。

お値段も例えば6月2日(土)一泊で調べると朝食付きで1人9,444円、素泊まりで8,333円。

6月3日(日)にずらせるなら、素泊まりで3,703円のプランも!

ホテルのグレードの割にお値段が嬉しいですね。

2.松本ツーリストホテル(花時計公園から徒歩6分)

松本城などの主要な観光地から若干離れますがそんな大きな問題にはならない立地ですね。

先のリッチモンドホテルよりもお値段は控えめ。

それでも大浴場付き、朝ごはんには定評があるホテルです。

ここの場合、食事なしの素泊まりなら6月2日(土)で1人5,092円。6月3日(日)なら2,777円!

こりゃあ、下手に代行運転で帰るより安いですね(笑)

 

さいごに

普段気になるあのワインもこのワインもグラス価格で(嬉)

なんともテンションの上がるイベントですよね。

これで気に入るワイナリーが見つかれば、今度はそこのワインを集中的に攻める(?)のもアリでしょう。

是非お気に入りのワインを見つけてみてください♪

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です