キャンプにツーバーナーは必要?献立例も紹介するよ!

ご近所さん

キャンプっていろんな道具があって選ぶのも大変ね

ツーバーナーってやっぱりいるのかしら?

キャンプデビューの頃はいろんな道具を用意しますよね?

でも、なかには「必要なのか分からないけど皆んな持ってそうだから」って理由で購入するものも(体験談です・・・)

なかでもツーバーナーって結構迷う道具かもしれません。

  • 晩ごはんはBBQを考えているしツーバーナーの使いみちが良く分からない
  • そもそも、カセットコンロじゃダメなのか?

なんて思いますよね?

そこで、ここではキャンプにツーバーナーは必要なのか?代用品は何か?ツーバーナーを使った献立例なんかも紹介していきますよ!

おすすめのツーバーナーはこちらをどうぞ。

【キャンプ初心者必見】おすすめツーバーナーはズバリこれ!

2018.03.11

 

キャンプにツーバーナーは必要か?

結論から言うと「あれば献立の幅は広がるし便利、でも無くてもなんとかなる」ものです。

ツーバーナーの最大の特徴はやっぱり2口コンロがあるので、同時にいろんな料理が作れるという点。

炭火と違って火力調整も簡単なので、例えば燻製なんかの火力調整が必要なものに向いています。

でも、最初のころは「キャンプ=BBQ」って感じですよね?(私も久しぶりにキャンプに行くとこんな感じです(笑))

BBQだったら炭火が使えるBBQコンロがあればそれでOK。

なので、キャンプでBBQばっかりも飽きてきたし他の料理も作ってみたいなぁ、って考えるようになってからでも良いかと思います。

だいすけ

私は、というと初めのころは親戚に借りてました(笑)

でも、今となって思うのは初めはカセットコンロでいけたな、ということ。

ツーバーナーの恩恵を受けたのは後でも書きますが、BBQ以外に同時に2種類の料理をつくるようになった頃ですね。

 

さて、料理の熱源という意味ではBBQコンロも炭や薪を使ってお湯を沸かしたり、煮込み料理を作ったりできなくはありません。

そんなわけで、次ではBBQコンロでバーナーの代用は可能か?を考えます。

BBQコンロだけではダメ?

キャンプはやっぱりBBQ!ですよね?

ツーバーナーは持って無くても、BBQコンロは購入済って家庭も多いかと思います。

と、ここでふと思うのは

  • 湯を沸かすくらいならBBQコンロでもいけるんじゃ?
  • 炭火で煮込み料理を作れば良いかも?

てな発想ですね。

これならバーナー類は一切持っていかなくても、BBQコンロ1つあれば事足りる計算になります。

が、これも結論から言うと、バーナーの類は1つは用意しておいた方が良いです。

炭火や薪を使った料理も良さはありますが、当然デメリットもあります。

  • そもそも火起こしに失敗するかもしれない
  • 炭火は火力調整が難しい
  • 朝は忙しいので炭火を使ってる余裕は無い
  • 鍋やポットにススが付き、洗うのが大変

こんなところでしょうか。

炭火が上手く扱えなかったときの保険としても、1つはバーナーの類を持っていくことをおすすめしますよ。

炭火の扱い方についてはこちらをどうぞ。

【バーベキュー】炭の火おこしの方法ランキング!炭を扱う際のポイントも紹介!

2018.02.11

 

バーナーの類が1つは必要ってところはOKでしょうか。

では、ツーバーナーの代わりになるものは何か?ですね。

次ではそんなところを紹介していきますよ。

ツーバーナーの代わりになるものは何?

ここでは2つの代用品を紹介します。

1.カセットコンロ

これならご家庭に1つはありますかね?

特徴としては、

  • 新たに用意する必要が無い、買うにしても安価
  • 燃料のカセットボンベ(CB缶)も安価でコスパ良し
  • 家庭用は風に弱いので風よけに工夫が必要
  • カセットボンベ(CB缶)を使ったランタンはあまり無い

などが挙げられますね。

ツーバーナーも下で紹介するシングルバーナーも持ってないなら、まずはカセットコンロを持ってキャンプ場に乗り込む(笑)のも良いのでは?

温度変化に弱い?

ガス缶を使った火器の特徴として良く言われるのが、「気温によって火力が落ちる」というもの。

この辺はどんな季節にどんな標高のキャンプ場に行くかによって話は変わりますが、外気温10度以下になる環境なら気にした方が良いです。

まあ、夏場のキャンプだけならそんなに気にしなくても良いでしょう。

春先や秋口にもキャンプをするならカセットコンロ以外を用意した方が無難です。(特に朝晩)

 

2.シングルバーナー

文字通りバーナーが1口のタイプですね。

特徴としては、

  • とにかく小さくて軽い!
  • でも、かなり火力が出る
  • 燃料はほとんどがカセットボンベ(CB缶)かアウトドア缶(OD缶)
  • アウトドア缶(OD缶)ならランタンとも燃料を共通にしやすい
  • 1万円近くする製品も結構ある、安くても5千円くらい

こんなところです。

ちなみに我が家のシングルバーナーはこんな感じ。

かなりコンパクトになるのに、火力は十分!です。

登山にも使える代物なので、カセットコンロより風にも気温にも強いですよ!

コンロ2口を使った料理をしないならこんな選択肢もアリですね。

ただ、お値段は物によってはツーバーナーとそんなに変わらない場合もあります(汗)

 

ではでは、今度は「ツーバーナーはどう便利なの?」という疑問、つまり代用品に無い魅力、ですね。

そんなツーバーナーのメリットを献立例を交えて紹介していきますよ。

 

 

ツーバーナーのメリットってどんなところ?

ここでは3つのメリットを挙げました。

  1. 2口あるのでいろんな料理が作りやすい
  2. 重い鍋でも安定しやすい
  3. キャンプをしてる感が強くなる(見た目)

順番に説明しますよ。

1.2口あるのでいろんな料理が作りやすい

これが最大の特徴ですね。

当たり前ですが、2口コンロがある分いろんな料理が時間をかけずに作れます。

我が家の献立を例に挙げると、

  • (夕食)アクアパッツァ+燻製
  • (夕食)パエリア+ペーコンと野菜のスープ
  • (朝食)コーヒー+トマト、ベーコン入りスクランブルエッグ

特に、燻製やご飯物って結構長い時間火力調整が必要です.

そんな料理をしながらスープや他の料理を同時進行で作れるのは魅力の1つ。

また、朝ごはんも短い時間でコーヒーと温かい料理が同時に作れるのが嬉しいところ。

特に標高の高いキャンプ場なんかだと夏でも朝冷えたりするので、温かい料理って結構嬉しいもんなんです(笑)

 

2.重い鍋でも安定しやすい

シングルバーナーだとタイプにもよっては、あまり大きくて重い鍋は安定して置けません。(私が持っているタイプがそうですね。)

ツーバーナーだとやっぱりキャンプ用に作られてるのでダッチオーブンを使った料理でも全然大丈夫!

もちろん、風よけも始めからついてるので、シングルバーナー以上に風の影響も受けにくいです。

 

3.キャンプをしてる感が強くなる(見た目)

ここは完全に趣味の世界ですね。

個人的には、サイトにツーバーナーがあると、カセットコンロに比べて「ああ、キャンプしてるんだな」って感じが強くなります(笑)

台の上に置いて配置を工夫してみたり、ステッカーをいろいろ貼ってオリジナル感を出したり、そんなところを楽しむ人もいますよね。

キャンプって道具を楽しむ面もあるって個人的には思ってます(笑)

ちなみに、これがうちのツーバーナー。

正直使い勝手は良くないですが、趣味として楽しんでます(笑)

【キャンプ初心者必見】おすすめツーバーナーはズバリこれ!

2018.03.11

 

さいごに

ツーバーナーは当たり前のように持っている人もいれば、全く不要と言う人もいてなかなか意見が分かれるところですね。

もちろん、ご家庭の構成やどんな料理を作りたいのか?によって、この辺は変わるのでしょう。

どちらにしても、キャンプに行く前にどんな料理を作ろうか?と一度シミュレーションしてみることをおすすめしますよ。

「意外とそんなに火力は要らないな」とか「やっぱり2口コンロがあった方が便利そう」とかイメージが湧いてくると思うので。

我が家の献立も参考に、キャンプ場でのイメージを膨らませてみてください(結構これはこれで楽しい(笑))

楽しいキャンプになりますように!

 

キャンプの持ち物チェックリストはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です