【キャンプ場選び】サイトの広さの基準は?フリーサイトってどう?

ご近所さん
キャンプ場を予約するのは良いけど、どんな基準で選ぶべき?

キャンプ場って探してみると、かなりたくさんの数が出てきますよね?

それぞれに特徴があって、ここがおすすめ!っていうのは何を基準にするのか?によって変わってきます。

そんななかでも、私が大事だと思う基準の1つが「区画の広さ」。

これもキャンプ場によっていろいろで、「8m✕8m」ってところもあれば「10m✕12m」というところも、果ては「フリー」ってところまで!

「そりゃあ広い方が良いんだろうけど、お値段はこっちの方が安いし・・・」など、他の条件との兼ね合いも考えますよね?

そんなわけで、ここではオートキャンプを楽しむのに経験上必要な区画の広さをお伝えします!

だいすけ
区画が決まっていないフリーサイトを利用した感想も書いていくのでお見逃しなく!

 

キャンプ場のサイトにはどんな種類があるの?

まずはサイトの種類を確認しましょう!

キャンプ場のサイトには大きく2つのタイプがあります。

区画サイト

文字通り使える区画が始めから決まっているサイトのことですね。

区画の広さはキャンプ場によってさまざまで

  • 5m✕8m(40㎡)
  • 8m✕8m(64㎡)
  • 10m✕10m(100㎡)
  • 10m✕12m(120㎡)

などなど。

広いところと狭いところでは実に3倍ほどの差があることになりますね(汗)

まあ、その分お値段が安いキャンプ場もあります(そうとも言えないキャンプ場も・・・)

事前に区画が決まっていることのメリットとしては、

  • 繁忙期でも予約が取れれば「場所が無い」という心配はなくなる(早めにキャンプ場に着かなくても場所は確保されている)
  • テントやタープなどを張る場所を悩むことはない(悩む時間の節約)

デメリットとしては、

  • 区画の場所・広さが決まっているのでレイアウトに制約がでやすい
  • キャンプ場によってはキッチリ区画されていてサイトの整備も行き届いているため「キャンプに来ている感」が薄い(いわゆる高規格サイトに多い)
  • 事前に決まった場所以外に変更することが難しい(この辺はキャンプ場の混み具合、交渉にも寄る)

などが挙げられます。(高規格サイトの説明は後述)

キャンプ初心者だったら区画サイトの方がおすすめです。

フリーサイト

簡単に言えば「使う広さに制限の無い」キャンプ場ですね。

その特性から予約なし、早い者勝ちってところが多いです。

だいすけ
当然周りのキャンパーへの配慮は必要ですよ

フリーサイトのメリットとしては、

  • 早めに到着できれば自分の好きなところに設営することができる
  • レイアウトも比較的自由で融通が効く

デメリットとしては、

  • 特に繁忙期は他のキャンパーに場所を抑えられると区画サイトよりも狭い面積になることも
  • 自由な分、どこに設営して良いか迷うことも(場所選びに時間がかかる)
  • サイトに車横付けができないところもある(事前にキャンプ場へ要確認)

などが挙げられるかと思います。

だいすけ

フリーサイトと言えども目安となる面積を提示されるキャンプ場も・・・

個人的には繁忙期のフリーサイトは周りに気を遣うのが面倒であまり利用しません。

 

高規格サイトって?

一般的に以下の基準を満たすようなキャンプ場のことを指します。

  • 管理人が24時間在住、夜間照明あり
  • レンタル品・売店の品揃えが充実
  • サイト内にコンセントがあって電化製品が使えるところも
  • トイレ・炊事場・シャワー室(なかには温泉付きも!)などの設備が清潔・清掃が行き届いている

管理・整備が行き届いている分、使用量は割高になることが多いですね。

区画サイトのみのキャンプ場もあれば、フリーサイトを併せ持つところなど、サイズは様々。

何か問題があっても管理人に相談しやすいので、キャンプビギナーには嬉しいキャンプ場です。

水回りも清潔なことから虫嫌いな人にも比較的利用しやすい特徴も。(虫が全くいないわけじゃないですよ!)

キャンプ場の虫問題についてはこちらをどうぞ。

【体験談】キャンプ場での虫対策!キャンプ歴15年で思うこと

2018.03.05

 

一方で、あまりにもキッチリ整備されすぎていて『野外の新興住宅地』(分かりますか?)みたいなところも多いですね(笑)

快適な分、「野外で創意工夫をする面白さ」は乏しいです。

 

基本的なサイトの区分はOKでしょうか?

では、次は区画サイトを選ぶならどのくらいの広さが合格ラインなのか?について書いていきます。

区画サイトの場合、広さの基準は?

この基準は5人用前後のテント・タープを張ることを前提としています。

ズバリ!私がおすすめするのは「最低10m✕10m(100㎡)!」。

これより区画が小さいサイトはいっぱいありますが、想像以上に狭い思いをしますよ!

10m✕10mでも、車の配置やタープの張り綱の位置など区画からはみ出さないように気を遣うケースはかなり多いです。

だいすけ

狭いサイトは思うように道具を広げることもできません・・・。

「なんで野外にきて窮屈な思いをしないといけないのか?」って気分になりますよ(苦笑)

 

さて、キャンプ初心者には区画サイトがおすすめと書きましたが、慣れてくればフリーサイトにも興味が出て来るかもしれませんね。

個人的には区画サイトよりフリーサイトの方が好きですが、もちろん不便な点や気をつける点もあります。

次では今まで私がフリーサイトを利用してきて思うことを挙げていきますよ。

 

フリーサイトを実際に利用して思う7つのこと

区画サイトとの違いという意味でここでは7つ挙げました。

  1. 利用するなら繁忙期を避けるべき
  2. なるべく早めの時間に現地到着するべし
  3. 利用料は安いところが多い
  4. 設営に工夫を凝らす楽しさ
  5. コンセントは使えないのが普通
  6. 車が横付けできないキャンプ場もある
  7. 小学生の林間学校などにかち合う可能性

順番に説明していきますね!

1.利用するなら繁忙期を避けるべき

これは先にも書きましたが、繁忙期のフリーサイトほど大変なところは無いのでは?

  • 早めの時間についても先客がいい場所を既に押さえている
  • やっと場所を確保したはいいが、思うように道具を広げられない
  • お隣さんもとても距離が近いので、野外に来ているのに気を遣う・・・

こんなケースが多いです(涙)

反面、お客さんが少ないタイミングのフリーサイトは、かなり自由!

思い通りに道具も広げられるので、「これぞフリーサイトの醍醐味!」て感じです(笑)

 

2.なるべく早めの時間に現地到着するべし

区画サイトと違って事前に場所を予約するっていうことができません。

なので、基本は早い者勝ち!

考えることはみんな一緒で、条件の良い場所から埋まっていきます。

出遅れることのないように時間を計画してくださいね。

サイト選びのポイントはこちらも参考にしてください。

【キャンプ歴15年推奨】設営場所とレイアウトのポイントを図で解説!

2018.02.26

 

3.利用料は安いところが多い

区画サイトと比べると利用料金は基本割安。

この辺も個人的にはフリーサイトの魅力の1つですね(笑)

その分整備が行き届いてない場所も結構あるので、雨天対策など区画サイト以上に準備が必要なケースもありますね。

 

4.設営に工夫を凝らす楽しさ

設営が自由な分、周りにあるものを上手く使うのもポイント!

  • あの3本の木はハンモック2つを吊るすのに使おう!
  • この大きな石は台代わりになるな
  • 手前の木にロープを括ればタープを開放感いっぱいに使える!ペグ打ちも要らないから躓く心配もないし
  • ここの傾斜に雨水が流れるように誘導しよう

などなど・・・。

個人的には、こんなことを考えるのがキャンプの楽しさの1つでもありますね(笑)

一方で不便な状況になることも。

だいすけ

まだビギナーのころ、行ったキャンプ場でペグが全然刺さらなくてタープが固定できず困ったことがあります。

悪戦苦闘し最後は大きめの石にロープを括り付けることでなんとか固定。

メチャクチャ時間がかかり、設営を終えることには周りも結構暗かったです・・・(涙)

ペグが刺さらないなんて経験その時が初めてで、改めてペグの大切さを思い知った体験でもあります(笑)

キャンプでおすすめのペグは?付属のものでも大丈夫?

2018.02.18

良くも悪くも放任主義なところが多いんです(笑)

 

5.コンセントは使えないのが普通

区画サイトだとコンセントが使えるところ(AC電源付き)も多いですよね。

でも、フリーサイトだとそんな設備無いと思った方が良いと思います。

家電製品が使えない分、より「野外でキャンプしてる」感はある気がしますが、こういう不便さも頭に入れておいてください。

だいすけ

一番問題となるのはスマホの充電でしょうか。

電池式の充電器を持っていくなどの用意はお忘れなく!

 

6.車が横付けできないキャンプ場もある

一口にフリーサイトといっても、全てのキャンプ場が車を横付けできるわけではありません。

(車を横付けできるサイトは大体「オート」って書いてると思います。)

車の横付けができないキャンプ場の場合、

  • 荷物を置くときだけ車のサイト内乗り入れ可
  • 駐車場からリアカーなどに荷物を乗せて運ぶ

などなど、この辺はキャンプ場によって異なります。

当然リアカーに荷物を乗せて運ぶのは大変!なのは言うまでもありません(汗)

この辺は事前にキャンプ場にしっかり確認しておきたいところです。

 

7.小学生の林間学校などにかち合う可能性

先で「繁忙期のフリーサイトは避けるべき」って書きましが、閑散期も注意点があります。

それは、閑散期(平日)のフリーサイトは小学校の林間学校などに利用される可能性がある、ということ。

だいすけ

以前2泊3日の予定で利用したキャンプ場、2日目に小学生御一行様が到着し、良い意味で静かだったキャンプ場は様相が一変しました(笑)

特に炊事場は大混雑!

こういった行事は事前に予約されているので、こちらも事前にキャンプ場に問い合わせておくべきですね。

 

さいごに

サイトの種類は「区画サイト」も「フリーサイト」もそれぞれの良さがあるので、一様の答えはありません。

でも、区画の広さは狭くて満足したことないので、一定以上の広さは欲しいところです。

フリーサイトの感想も含めて、是非キャンプ場選びの参考にしてください!

 

キャンプの持ち物チェックリストはコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です