【初心者必見】雪道を安全に運転するには?寒冷地住みが挙げるポイント5選

普段雪の無いところしか走らない「雪道初心者」にとっては、雪のある道って怖いって思いますよね?

  • 車がどう動くか分からない
  • どんな時に滑るのか分からない
  • 気を付けるポイントが分からない

確かに、雪道はそうでない道に比べて滑りやすいですし、気を付けないといけないのは間違いないです。

でも、基本を守って慎重に運転すれば初心者でも大丈夫!です。

というか、みんな始めは雪道初心者ですしね(笑)

ここでは、清里周辺・寒冷地在住の管理人だいすけが、雪道を走るうえでの基本やポイント、滑ったときの対応を紹介します。

また、ここは特に気をつけよう!という路面状況も5つ挙げていきますよ。

「今度雪道を運転する」というアナタ!アタフタしないためにも是非読んでください。

雪道を車で走る際の必需品についてはこちら、です。

【必需品】雪道を車で走るなら!これだけは乗せておきたい必需品10選

2017.12.12

では、順番に見ていきましょう!

初心者でもここに気をつければ大丈夫!雪道を走るときの大原則

まず、雪道を走る際の大原則です。

  • スタッドレスタイヤを履いている
  • 「急発進」「急ブレーキ」「 急ハンドル」はしない

これは、絶対に守りましょう!

「年に数回しか雪道を走らないのにスタッドレスタイヤが勿体無い」という場合は、レンタカーという手もあります。

くれぐれもノーマルタイヤで雪道は走らないでくださいね!

「急発進」「急ブレーキ」「 急ハンドル」は言うまでもありませんね。

下り坂でスピードが出てカーブ直前で慌てるなど、行き当たりばったりな運転は危険です。

全般的にゆっくりとした運転を心がけましょう。

逆に言うと、この原則を守っていればそんなに問題になることは少ないと思います。

雪道といってもいろんな路面状況がありますが、そんなに深くない新雪や圧雪され引き締まった雪の上などは意外と滑りません。

もちろん、100%安全!とは言いませんが、必要以上に怯える心配も無いと思いますよ!

 

では次に、雪道を運転するポイントを5つ紹介していきます。

いずれも実体験から大事だと思うことを挙げたので、是非参考にしてください。

 

雪道を安全に運転するポイント5選

1.車に雪が積もっていたら落とす

まずは車に乗る前に!です。

雪道初心者さんがやってしまいがちなのが、フロントガラスやドアについた雪だけを落とすこと。

これだけでは不十分、しっかり屋根の雪も全部落としてくださいね。

これをしないと、走行中ブレーキを踏んだときに屋根の雪がフロントガラスに落ちてきて視界ゼロに(汗)

本当に焦りますよ!

しかも、雪が重いとワイパーも動かない!

そうなる前に、必ず屋根の雪も落としておきましょう。

あと、夜はライト付近の雪も落としておかないと雪で光量が不足してしまいます。

こっちもしっかり落としておきましょう!

 

2.一回わざと滑ってみる

これはかなり大切。

雪道って、滑ったことがなくても怖いんですよね。(もちろん、滑ったら怖いですが・・・)

つまり未知の恐怖ってヤツです。

なので、一度わざと滑ることを体験しておくことをオススメします。

もちろん、安全が確保できる広めで周りに車の無い駐車場など、多少滑っても大丈夫な場所で行うことが大前提。

  • ちょっと強引にブレーキを踏んで見る
  • ちょっと強めにハンドルを切ってみる

そんなに広い場所はそうそうないかもしれませんが、10kmくらいまでのスピードならお試し運転できる場所もあるかと思います。

一度滑っておくと、「ふーん、このくらいでは滑らないんだな」とか「これくらい踏むと危ないな」などが感覚的に分かるようになりますよ!

路面状況はその時々によって違うので、出来れば色んな場所・状況で試してみましょう。

 

3.直線は40km、カーブは30km、交差点は10km以下

もちろん、路面状況や天候によるので一概には言えませんが、一応の目安にしてください。

意外と慣れてくると自分が考えているよりスピードって出てしまっていたりするもの。

チラッとスピードメーターを見ておけば「許容範囲内」なのか「ちょっと危ないスピード」なのか判断しやすくなりますよね。

 

4.ブレーキは足ブレーキとエンジンブレーキを両方使う

エンジンブレーキって使ったことが無い人には馴染みがありませんよね?

アクセルを離したときにかかるブレーキのことで、普段シフトを「D」にしていても多少はかかっています。

このシフトを「2」や「1(L)」に変えてアクセルを離すことで車に強めのブレーキ(エンジンブレーキ)を掛けることが出来ます。

ただ、このエンジンブレーキは足ブレーキほどすぐには効きません。

どうしても、シフトを変えてからブレーキが効くまでにタイムラグがあるので、交差点の直前でシフトを「2」に変えても遅すぎます。

なので、使うときはちょっと遠い位置からシフトを変えていきましょう!

出来れば、雪道を走る前にいろんな場面で(特に下り坂)一度エンジンブレーキを使ってみておくといいですね。

 

シフトを変えるときのスピードに注意!

確かにシフトを変えることでエンジンブレーキは効くのですが、その時のスピードにはくれぐれも注意しましょう!

特に「1(L)」のシフトはスピードが出ているときに強引に切り替えるとエンジンへの負担が大きくなってしまいます。

目安は20km以下になったときに使うようにしましょう。

アタフタするくらいなら・・・

ここまで、エンジンブレーキをすすめる内容を書いておいてなんですが(汗)

全くエンジンブレーキ(シフトチェンジ)に慣れてなくて、ただでさえ慣れてない雪道でアタフタするくらいなら、逆に足ブレーキだけで走った方が安全な場合もあります。

出来るなら雪道を走る前にエンジンブレーキに慣れて欲しいですが、ムリならエンジンブレーキは諦めましょう。

もちろん、それでも早め早めの判断をしていけば安全運転は出来るので。

 

5.車間距離は通常の2~3倍あける

雪道で怖いのは路面が滑りやすいってこともありますが、もう1つは周りの車がどう動くか分からないということ。

順調そうに走っていた前の車がカーブで一回転・・・という場面を何回か見かけたことがあります(汗)

別に自分が滑ったわけでなくても、結構焦りますよ!

対策としては、前を走っている車を信用しないということ。

ちょっと酷な表現ですが、そうすることで自然と距離を開けようとすると思いますよ。

 

番外.4WDが威力を発揮するのは主に登り

うちの車は4WDだから雪道には強い!って考えていませんか?

一部正解ですが、一部不正解です!

というのも、4WDがその威力を発揮するのは上り坂やスタックした時。

そう、下り坂では4WDだろうが、2WDだろうが、滑るときには滑るんですよね。

詳しい説明は省きますが、下り坂では特に慎重に!というのはどんな車も共通なのです。

車を過信しないように気を付けてくださいね。

 

さて、ここまで雪道を走るポイントを挙げましたが、実際に滑りやすいのはどんな路面状況でしょうか?

特に気を付けないといけない路面状況を5つ紹介しますよ。

 

特に滑りやすい路面状況5つ

1.ブラックアイスバーン

これが一番ヤバイ!です。

本当にヤバイ!

動画の3:20辺り~内からの視点が見えるので分かりやすいと思います。(ちなみに、動画で走ってる車の速度は40km

キュルキュルいいながらメチャクチャ滑ってますよね!

この状況でハンドルを切ろうものなら事故確定です(大汗)

いやね、見るからに「凍ってるなぁ」っていう路面状況だったら気をつけて走るでしょ?

でも、ブラックアイスバーンって一見すると路面が濡れているだけのように見えるんです。(特に夜)

「なんだ濡れているだけだから大丈夫かな?」なんて考えたら大間違い!

実際には、完全凍結している路面と大差ありません(汗)

外気温がマイナスなのに、アスファルトが濡れているように見えたらアイスバーンだと思ってもらっても良いと思います。

特に外気温がマイナスの夜、信号機の光が路面に反射しているような状況なら要注意です!

完全凍結しているものとして運転しましょう!

 

2.橋の上

これも良く言われますね。

橋には下に地面が無いので、どうしても凍結しやすいです。

ただ、橋って直線が多いと思うので、基本的には橋のうえではアクセルを踏まない・ブレーキを踏まない・ハンドルを動かさないの「3無い運転」(すいません、今名付けました(汗))が基本かと思います。

そのためにも、橋に入るまえに減速しておきましょうね。

ちなみに、カーブのある橋は・・・、エンジンブレーキを使いながら20kmくらいで運転するようにしています。

私はいままでこれで滑ったことはありません。

 

3.交差点付近

止まる・発進する・曲がるが行われる場所なので、どうしても滑りやすい箇所ですね。

やっぱりここでも、急発進・急ブレーキ・急ハンドルをしないのが基本。

なので赤信号の交差点や曲がろうと思っている交差点では特に早い段階で減速するようにしましょう。

 

4.路面が凍結してるのに暖かい日

夜の間に完全凍結した路面が、翌日の晴天で溶け出した・・・。

これ、かなり危険な路面状況です!

つまり、氷の上に水が乗ってるようなもの。

想像してください、濡れた氷を・・・

メチャクチャ滑りますよね!

なので、とても寒い翌日に晴れたとか、雨が降ったという時はいつも以上に慎重に運転しないといけません。

 

5.水っぽい雪

意外と侮れないのがベシャベシャ雪

このベシャベシャ雪に特に気を付けないといけないのがカーブ。

直線はみんな大体同じところを走るので、ベシャベシャ雪は横に追いやられるのですが、カーブって結構みんな曲がり方が微妙に違うので走行ラインにベシャベシャ雪があったりするんですよね。

それでなくてもカーブは滑りやすいので、タイヤの上にベシャベシャ雪が乗るようなときは要注意です。

 

それでは、実際に滑ったときにはどんな対応方法があるのでしょうか。

運転する前にはこの辺も知っておきたいですよね?

 

もしも、雪道(凍結路)で滑ってしまったら?

実を言うと、雪道や凍結路で車の後輪が多少左右に振れてしまうのはそんなに珍しいことではありません。

雪道初心者がこれを聞くと「ええっ!」って思うかもしれませんが、そんなものです(笑)

「全く滑らないように運転しよう!」というよりは「大きく横滑りしないようにしよう!」という感覚が正しいかもしれません。

そのための運転方法が、今まで挙げた基本事項やポイントだったりするのですが、それでも路面状況によっては大きく横滑りしてしまう場合もあります。

そんなとき、注意しないといけないのは

慌てて急ブレーキ、急ハンドルをしない、ということ。

これをしてしまうと、状況が悪化する可能性大です!

特にブレーキは強くかけたくなるのが人情でしょうが、グッと堪えてくださいね!

 

良く言われる対処法は、滑った方向と同じ方向に少しずつハンドルを動かすというもの。

例えば右カーブで後輪が左側に横滑りしたら、ハンドルを少しずつ左側に動かす、ということです。

実際これで車の向きを立て直せる場合もあるんです。

が、雪道初心者にこれをやってみてください!とは言いません。

いざ実際そんな場面になったら、その通り動かすことは出来ないと思うから。

じゃあ、どうするか?というと

アクセルもブレーキも一旦離してハンドルをその位置から動かさない。

これが一番良いのでは?と思います。

アクセルを離すことでエンジンブレーキもかかりますし、徐々に速度が落ちればそのまま車は止まるからです。

もうすこし余裕があれば、ふんわりと足ブレーキをかけてみましょう。

もちろん、スピードが出過ぎていないことが前提ですよ!

 

万が一、車がスタックしてしまった!というときはこちらをどうぞ。

【寒冷地住人推奨】雪道でスタックしたときの脱出方法とは?

2017.12.11

 

さいごに

ここまで雪道運転についてあれこれ書きましたが、一番大切なのは車やタイヤや自分を過信しないことかな、と思うんです。

本当の初心者はともかく、ちょっと慣れてきた頃ですね。

車間距離を開けて、ゆっくり慎重に、この点を守ればそうそう一回転はしないと思います(汗)

自分のためにも、同乗者のためにも、冬のイベントを楽しむためにも、安全運転を心がけましょうね!

それでは、いってらっしゃーい!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です